Yumikoのカナダワーホリ日記ーカナダでリメンバランスデー・スケート

カナダの戦没者追悼の日(リメンバランスデー)

11月11日は、リメンバランスデーでした。
カナダの戦没者追悼の日。

11月11日の11時11分には、みな黙祷をするそうです。

日本では、そんな日がないので(終戦日に似たものかしら?)、未だにしっかりとは理解できてません、ペコリ。

ハロウィンが終わったら、赤いポピーの花を付けている人をたくさん見かけるようになりました。
ニュースキャスターたちも、みんなつけていましたね。

当たり前のことのように戦死者を追悼する習慣(というのかな?)は、すばらしいことだと感じました。

スケート

そして、その日は、カナダのホリデーでもあって、学校がお休み。
私は、友達と一緒にアイススケートシューズを買いに行き、コミュニティセンターにスケートをしに行きました。

カナディアンは、みんなスケートが上手い!
うますぎるっ!

でも、私よりも滑れてない子も、1人だけ見つけましたよ。
聞いてみたら、10年バンクーバーに住んでるけど、初スケートで、ずっと手摺りに掴まってました(笑)。
私も似たようなものですが。

あと、乳母車を押しながらアイススケートしているお母さんもいましたね。
さすが、アイスホッケーの国です。
何でもありだな! と思いました。

私自身は、久しぶりのアイススケート、転ばず終えられたので、◎とします。
スケート靴まで購入したので、秋〜冬は時間があればスケートにいくつもりです!

==============================
リメンバランスデー。
なぜ、思い出さないといけないのか?
(英文で抜粋しました↓)

We must remember.

If we do not, the sacrifice of those one hundred thousand Canadian lives will be meaningless.

They died for us, for their homes and families and friends, fora collection of traditions they cherished and a future they believed in; they died for Canada.

The meaning of their sacrifice rests with our collective national consciousness;our future is their monument.

オタワの国会議事堂にも、戦没者の名簿を保管してある部屋があるくらいです。

赤いポピー(ケシの花)?
Flanders Fieldsの詩もご一読ください。

 

 

 

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。