ワーホリEmiのバンクーバー自転車放浪記ースティーブストンー

高校留学以来の海外生活をカナダのワーホリとして選んだEmi
カナダワーホリ中は、大家さんファミリー&犬とシェア、マフィン屋にフルタイム勤務
現地人として生活するスタイル!

語学学校は、口ならしのために通学
語学学校卒業、カナダ入国1ヶ月目で、現地マフィン屋に採用決定
副業で引越し手伝い・掃除・ベビーシッターペンキ塗りもこなす
勤務1ヶ月で、マフィン屋さんの勤務がフルタイムに
近場の街を探検も
行動範囲が広がるからとバイク(自転車)を購入、行動範囲が広がる
その後、マフィン屋へのバイク通勤を始める

そんなワーホリEmiの自転車放浪記です

初回、自転車放浪記は、レポートはスティーブストン

快晴!

自転車買って、約2ヶ月

今日は思い切って遠出してみましたスティーブストン(in リッチモンド)9時半に家を出発、11時前に到着
約1時間の道のりで、死ぬかと思う体験が
橋に合流するとき、車がビュンビュン
そこへ自転車初心者のアタシが挑戦(ママチャリがポピュラーじゃないから、女乗りができないのである!)
カナダでは自転車=交通手段=車っていう感覚でないとダメだなぁ、って実感しました

そして同じく橋にて
「車道を走る」といっても一応(本当に一応)自転車専用レーンが端にあって、ソコをひたすら爆走するんだが、橋の上だからか、たまたまか?
横ッ風が非常に強く、何度か車道にはみ出そうになってたそんな時!!
やって来ました!2両連結の高速バス
拳(こぶし)一つ分ぐらいゴォォォー、ビューン。マジでぶつかるかと思った

散々な目にあった橋だったけど、横目でいいものも見れました
ちょうど空港に向かうが着陸態勢に入って橋をまたぐ瞬間を真下から見上げた時は、とても感激
リッチモンドに入ってからの真っ直ぐで平らな道は、のどかで気持ちよく並木の花もキレイでしたよ

自転車の醍醐味は途中でフっと立ち止まったり、景色をのんびり眺められることだと思う
そんな意味でも、今回の目的地、スティーブストンはお勧め!
コギレイな漁師町で、漁港の周りが栄えていて、ゆっくりまわれば半日ぐらい楽しめる場所だと思う
お店もほとんどが個人店ばかりなので、最近見慣れたチェーン店に飽きてきたアタシは大満足!

とにかくアレコレ食べたり飲んだりで、お腹も満足

本日のルート

バンクーバー(オークリッジ)
→マリーンドライブ
→アーサーブリッジ(バンクーバーとリッチモンドをまたぐ橋)
→ラスベイカーロード
→No.2ロードブリッジ
→グランビルアベニュー
→レイルウェイアベニュー(ここはバイクロードです)
→モンクトンストリート
→スティーブストン

 他の 日帰り旅行先 を見る
スコーミッシュ

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。