カナダギリホリ(ギリギリワーホリ)カップルのバンクーバー帰省旅行

ワーホリの制限年齢ギリギリのワーホリのことを、日本人間ではギリホリと呼んでいます。
ギリホリでバンクーバーにワーキングホリデーに来たJunとKimSachiは、カナダワットを利用してカナダイン。
同じエージェント利用ということで、2人はバンクーバーで出会います。
そして、おつきあいがはじまり、日本に戻ってからめでたく結婚。

今回は、ギリホリのバンクーバー帰省旅行についてです。

ギリホリ2人のバンクーバーでの出会い

ギリホリワーホリ組のJUNとKimSachiは、ともに、バンクーバー留学エージェント、カナダワットに参加し出会ったカップル。
そしてその後、ご結婚!カナダに渡航する時期は4ヶ月のずれがありましたが、出会って結婚する運命だったんでしょうね♪

ワーホリ後帰国して、数ヵ月後には、東京っ子のKimSachiは、佐世保(長崎県)に移動。

ワーホリ中の会話です。
KimSachi「絶対に佐世保では暮らせない。東京じゃないと」
JUNは「仕事で住んだことがあるけど、東京は考えられない」
という2人。

関門が多そうだねぇ~と言ってたのにねぇ(笑)。

バンクーバー帰省旅行の計画から実行まで

日本に帰国してからも「早くバンクーバーに帰省したい!」という願望とは裏腹に、勤務先のお休みが取れないため、なかなか実現できず。
このたび、ようやく!

「休みが取れそうだ。バンクーバーに帰省できるかもしれない」と連絡をもらったと思ったら、次の連絡では「休みが取れた。来月5行く予定」。
そして、間をあけず「短い旅になりそうだけど、チケットを押さえた」とえらく行動が早かった。

ふたを開けてみれば、3泊5日のバンクーバー超特急旅行。
それでも、リフレッシュは、充分できたようですよ。

バンクーバー帰省旅行はまるでワーホリの生活を振り返るような旅

この短い間でも、ワーホリ時代に使ってたバス2番・41番・98番・99番、スカイトレインとシーバスもすべて乗ったそう。
タクシーじゃなくここで生活していた感覚で、どうしても全部乗りたかったと言う。

こんなところも、訪れていました。
ギリホリ2人がお付き合いをしてから一緒に借りて住んでいたシェアハウス(突然訪問のため、大家さん不在、お土産とメモを残す)
他の住居や買い物などをしていた生活テリトリー
街並み
好きだった店・場所

ちなみに彼らが自分達用に購入していった品は、
バンクーバーで御用達だったチョコレート
バンクーバーで御用達だったお菓子
バンクーバーで御用達だったコーヒー豆などなど
生活感たっぷりの品ばかりでした(笑)。

彼らの場合、ワーホリでバンクーバーに滞在中、ワーホリなどの海外からのお友達だけでなく、現地に住んでいるカナダ人や移民いの人達とも関わっていたので、帰省時に会いに行く人がいる、彼らを
待っている人がいるというのも、うれしいことの1つ。

「これで、また日本でがんばれそう!」

とうれしそうな笑顔で帰国していきましたが、次回の帰省は、また随分先になりそうとのこと。

本人たちの生の声「バンクーバー帰省旅行の感想」もどうぞ。

ローカルの人と同じようなカナダ・バンクーバーでのライフスタイルができるよう、参加者には『バンクーバーでの生活の仕方レクチャー』、バンクーバー滞在中に役立つ100ページを超える『現地情報ファイル』をご進呈しています。詳細は、カナダワットの選べる3つのサポートをご覧ください。

カナダワットが選ばれる理由では、『あなたにとってカナダワットが必要かどうか』判断いただける思います、チェックしてみてください。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。