カナダワーホリ・お仕事事情ー伝授!バンクーバーで満足いく職場・バイト先を見つける方法

カナダにワーホリできた
バンクーバーにも英語にも慣れ、語学学校もまもなく終わる
そろそろバイト探し

となった時に考えることは、

アルバイトってどうやって探すの?
バイトの専門情報誌や求人サイトはあるの?
みんなどうやってバイト探しているの?
すぐ決まる?職種は?

などでしょう。

今回は、日本で生まれ育った日本人にはちょっとハードルが高いと思われそうな、しかしながら自分にとってより満足できる効率のよい仕事探しの方法を伝授します!
せっかくの海外でのお仕事ができるチャンス、少しでも自分の理想・希望のところで働いて欲しいと思います

バンクーバーで満足いく職場・バイト先を見つける方法!

それはすばり!飛び込み!

えええ???無理!という声が聞こえて来そうですが、まずはカナダの求人事情を知ることから始めましょう

ワーホリの方がバンクーバーで仕事探しをする場合、圧倒的に飲食系・接客業が対象となります
大手企業のオフィスワークであれば突然の訪問はご迷惑になりますが、飲食系や店舗であれば、忙しい時間帯をはずせば、飛び込みはウェルカムです。暇な時間を狙っていけば、話す相手をみつけて逆によろこんでくれるほどです。

怖がらずにぜひトライしてみましょう!
リスクはなく、メリットばかりです

と言われても、ドキドキしますよね
どうしても踏み切れない人は、まずは街でバンクーバーっ子たち観察をしてみましょう。
バンクーバーだけでなくカナダでは、気に入った店に飛び込みで入店し、『採用しているか?』『ここで働きたいんだけど・・・』と伝えることは一般的です

え?本当?!と思いましたか

観察してみましょう!

ええええ???と思ったあなた
きっと、今までは気にしてなかったから目に入ってなかっただけですよ、きっと
今日から、気にして観察してみてくださいね
多くの人がそうやって仕事・バイトにアプライしている姿をみかけますよ

求人側の店・職を探している求職者、両者にとっていいことづくし!

店側は、本人と話してどんな人物が分かった上で、条件が合うかを確認できます
その場で『履歴書は持ってるの?』と言われることもあります
即採用もありえます
広告を新聞やネット上に出さない小さなお店や地元の商店も多いので、実際に歩いて探した方がより多い中から選べることになります

接客業の場合は、オーナー・マネージャーの裁量で採用が決まり、どんな人柄(店にどんんな雰囲気をもたらすか)は大きなポイントとなります

職を探しているワーホリにとっても、実際にオーナー・マネージャーと話すことで、店の方針を知った上で決められることはメリットといえるでしょう
もちろん、その場にいることにより店の雰囲気もつかめ、

『この店で働きたい!』
『この店で働けそう!』
『この店は私には合わない』
というのも感じ取れることは大きなメリットになりますね

最高の充実感も味わえます!

飛び込んだ店の多くは英語環境の店・カフェ・レストランになるかと思いますが、たとえ日系の店・会社であっても、自分で勝ち取ったという満足感と充実感までも得られます
もし、そこでの採用がきまらなくても、やっているうちに英語で話すことや日本語であっても自分を売り込む自信が出てくるメリット付き!
日本に戻った時の就職活動でもかなり役立つスキルを同時に習得できますね

そういうわけで、自分の働きたいエリア・場所、店がたくさん集まっている通りを歩きながら、『働きたいな』『この店で働けたらな』と思うところに、自分からどんどん飛び込んでみましょう
入る店の店頭に求人張り紙がしてあれば、募集しているわけですから採用の可能性はかなり高い!張り切ってみる価値ありです

最初の2・3店はドキドキするでしょうが、10店目くらいには、かなり度胸もつき、行動も言動も自分の思ったようにできるはずです
飛び込みを数日したら、自分を売り込むような英語がうまくなっていると実感できますよ
ようは最初の度胸と最初の言葉はロールプレイの実践ですから

まとめ・注意点

日本人は『私は、こんな人です!』と自分を表現するのがあまり上手でないと言われています
これを習得できれば、カナダ生活の私生活までバラ色になる可能性大です。

一番の注意点ですが、大きな声で話すこと!
英語レベル云々の前に、これはコミュニケーションを取る上で最低限の条件になります
すらすらと自己満足で言えたと思ってもボソボソ話しているより、たどたどしいけど、大きな声ではっきり話す人、どちらが接客向きか一目瞭然ですね

飛び込んだときの注意点としては、店員ではなく、かならずオーナー・マネージャーはいるかを確認して、直接話すようにしましょう
もし当日にオーナー・マネージャーがいない場合、いついるのかを確認して、出直すのが得策です
店のスタッフは雇用・採用には一切かかわってないので、店のスタッフに伝えたり履歴書を渡しても意味がありません
出直して、かならずオーナーやマネージャーに直接渡して話しましょう

そして、飛び込みに限らず、タイミングが一番のキーなので、一つの店に固執せず、どんどん飛び込んでみましょう
そのうち、自分の探している運命のお店が見つかるでしょう

『後で連絡する!』と言われることも多いです
この『あと』というのが曲者で、感覚が日本人と異なります
履歴書を落としてから1・2週間後に連絡がくることもしばしば
なので、1週間毎日、1日20件を目指して飛び込めば、1週間後からパラパラと連絡がくるという気持ちでまずは飛び込みまくってください

バンクーバーでバイト(仕事)を簡単に見つける人の特長5つも合わせてご一読し、仕事探しの効率をよあげるようにしましょう

カナダワットでは、現地でのお仕事・ボランティアの探し方、相談、タイミングが合えばアルバイトの斡旋・紹介もしています
仕事・ボランティアについての冊子も参加者にもれなく進呈していますので現地で問題なくアルバイトをみつけていらっしゃいます
アルバイトについて気になる方はお問い合わせください

他の バンクーバーでのアルバイト(仕事)について 見る
カナダ・バンクーバーのワーホリで一年バイトすると、どのくらい稼げるのか
徹底解析  カナダに学生ビザで留学するとバイトとして仕事(就労)できるのか
仕事関係・他のよくある質問

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。