カナダワーホリ☆組 バンクーバーワーホリを終えて・・・語学学校(ESL)、スピーキング専門学校 、TOEIC そして児童英会話講師ディプロマ取得

カナダワーホリ☆組のプロフィール。他の、カナダワーホリ☆組『あたし』のブログは、このブログ最後にあるリンクからご覧になれます。

今日は、カナダワーホリ☆組 で『今日の出来事』ブログ発行の『あたし』のカナダワーホリ〆です。

カナダワーホリの〆

カナダにきた目的について

思い返せば…
ワーホリで入国してすぐ、カナダワットの社長に

「みんななんでカナダにきたの?」

って聞かれたのを思い出しました。

実は私、深い理由はなく、高校からずっと「海外で生活してみたいなー」って思ってた夢がやっとかなった程度だったんです。

なので・・・

「えーっと海外で生活してみたかった。英語の勉強したかった」

って答えたら

「おお、それはよかったね。もう半分以上クリアしちゃってるじゃん」

と言われ、軽くへこんだんです、軽くでしたが(笑)

そんな程度で始まった私のバンクーバーでのワーホリ。
考えていたよりも、楽しかった☆
それはもちろん日本で仕事をしていたその現実から離れて、なんていうか非現実的な生活が過ごせたからっていうのもあるんだと思う。

ワーホリ後、観光ビザに切り替え、その観光ビザも、もうそろそろ終わります。
日本に帰りたくないような。
でも帰りたいような。
いわゆるMix Feelingって感じです。

1年でわかったこと

この一年でわかったことは、

<<<自分が努力したぶん結果がついてくる>>>

ってこと。

カナダにくる前は

  • 学校にちょっと行って
  • バイトして
  • 旅行して

って、よくあるワーホリ生活を想像していた。
語学学校に行って自分の英語力の乏しさを実感。
せっかくだしもうちょっと勉強してみようと次の学校で、更に自分の英語力のなさを痛感。
とはいえ、前よりも文章力(前よりも長い文章が書けるようになった)がついたと自分でも実感できたときは嬉しかった。

2校目のスピーキング学校を卒業し、ボキャブラリーが少ないと感じTOEICコースを取ってみた。
コースが終わる頃には

「今までせっかく頑張って学校に通ってきたんだし。何か形に残してみたい」

と思い、日本に戻る前にTYC(児童英会話講師)のディプロマを取りました。

語学学校(ESL)
→スピーキング専門学校
→TOEIC
→TYC

と学校ホッピングをして、と書くと楽しそうですが・・・
楽しいだけではなく、きついことも多々あり、それだけに終わったときの達成感と自己満足(これ大切!)は大きかった。

ワーホリ・観光ビザの間で、たくさん勉強したわけですが、どの学校においても

「結果は自分の努力次第」

って実感した。

どんな態度で授業や宿題やるにしたって、とりあえず日数足りれば(足りなくても?)卒業できる。
でも、同じスタートラインにいた人でもその頑張りで卒業のときに歴然と違いがでるって思った。

努力のたまものかは謎だけど、学校の先生とは卒業した後も仲良くしてて、一緒にお茶したりライブに行ったりしています。

バイトも日本いたころは、適当にやって(失礼!)って思ってたんだけど、適当にできないバイト先で。
お客さんへのサーブの仕方などは思っていた以上にきびしく、「もう辞めよう」と何度か思ったか。
先輩サーバー(ウェイトレス)こわかったー。
それでも、せっかくいい環境なんだからとがんばってみたら、辞める頃にはそのウェイトレスさんとも仲良しになってた。

「はじめの頃きつくあたってたけど、怒られてもめげない姿は美しかったし。仕事をきっちり確実にこなす姿は素晴らしかった。」

って言ってくれた。

自分にできることを一生懸命やって、それをちゃんと見ていてくれる人がいて。それってとても素敵なことと思いました。

ワーホリ後、予測不可能な人生を生きたい!

カナダワット!から旅立つのはさみしかったりもしますが、カナダワット生卒業した(卒業っていうのかな?)一年後の私、目標ってなんだろうって考えていました。

「生涯をとおして英語やその他の語学を勉強していきたい」

日本に戻ってからのことってまったく予測不可能だけど、予測できちゃったら人生つまらない。
日本に戻ってもバンクーバーでやってきたみたいに

「やりたいと思ったらとりあえずやれるように努力する私」

でいたいなーと思っています、ええ。

今やりたいと思ってることあるけど、それについては調査中なので、まだ秘密。
そして最後に。

この1年で私は1人では生きていないんだって改めて感じました。
私を支えてくれた家族はもちろん友達やカナダワット、もちろんワーホリ☆組のみんな、すべてのことに感謝して、そして自分も誰かを支えられる存在であれたらいいなーと思います。

英語勉強する前に、日本語が怪しくなったことに気づいた私でした。
さて、帰国前に、メキシコ行ってきまーす☆

他の カナダワーホリ☆組 『今日の出来事』あたし のブログをみる
カラスの大群とレスキュー隊
カナダですてきなものを見てしまいました
有名人がバイト先に食べに来た!
三十路のに向かってCuteとは!
カナダワーホリ☆組 プロフィール

他の留学生・ワーホリのカナダ滞在中 も見てみる
カナダ留学・ワーホリのインタビュー
ワーホリの一年を追ってみた!
Emiの自転車放浪記
ワーホリから見たところ変われば・・・ヨガ
ワイン通のカナダワーホリYosshieのワインのことなら
ギリホリカップルのバンクーバー帰省旅行
カナダワーホリ後、何してる?カナダ・バンクーバーに家族移民!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。