カナダ人に聞いてみた!ーバンクーバーで夏といえば・・・コテージ(別荘)!ー

夏といえば・・・って、もう8月も終わり9月になりますけど???
という声が聞こえて来そうですが、カナダの子供たちの夏休みは、9月の第1週月曜日までなので、まだ夏と言えるんです。
それに、気候も、日差しは弱くなって来ましたが、バンクーバーの気候は、まだまだ夏ですからね。

さて、カナダ人に聞いてみた!夏といえば・・・シリーズ、最後は、

夏といえば・・・コテージ!

えらく贅沢に聞こえますけど、意外に意外、持ってるんですよね
ご自身が所有してなくとも、親や親戚、友達のだれかは持っているから、そこに夏に行く!

別荘の名前に聴き劣りしないような豪華一軒家だったり、
森の中の山小屋だったり、
島にあるのだったり、
フォーターフロントのだったり・・・
近年ではコテージというか別荘がリゾート地のマンションだったり

することもありますね
コテージ(別荘)といえども、こちらも各種様々、その人の趣味・趣向でどんなものかが変わってくるんでしょうね

本当に、一般的なカナダ人はコテージ(別荘)持ってるの?
と疑問ですよね

いやね、私もそう思いましたら、そう考えるのはよーくわかります
カナダに移民した頃、一般的なカナダ人の生活について書いてある本を読んだんですけどね、ちゃんと書いてありました
『コテージ(別荘)を持っている人が多く、夏には家族でそこに滞在する』って

いや、本当に驚いて、その部分、3度読みしたのを思い出しました
20年ほど前の話だからな・・・と思ったりしますけど、少なくとも、7・8年前でも常識的だったはずです
なぜなら、カナダ市民権取得のためのテスト用テキストに、さらっと、そう記載されていました

最近、バンクーバーやトロント近辺の不動産がかなり加熱しているからかもしれませんが、
『子供にコテージを残すと大変なことになる!』という記事をいくつか見かけたので、
持っている人はまだたくさんいるんじゃないでしょうかね

コテージ(別荘)の例をあげてみた

趣味を持っているとそれができる土地にコテージ(別荘)を所有する人が多いです

例えば、
●釣りのため川や湖のほとりに
●キャンプ・サバイバルが好きだから山奥に
●ハンティングのためにゲームフィールドの近郊に
●自然が好きなので水辺や山に
●バイク(自転車)に乗りたいからバイクロードやオフロードがある山
●山の家、と呼んでいる人もいました、本当に山の中にあるようです

設備も自分の嗜好で大きく変わります、例えば、
●ボーッとするためにハンモックやブランコ
●ワイン片手にジャグジーでゆっくりするためジャグジー
●ビリヤードやダーツセット
●キャンプファイヤー並みの施設

それから、景色にこだわっている人も多いので
ビューですよビュー!という物件の場合も多かったりします

●田舎街を一望できるパノラマビューの最上階マンション
●湖を見下ろす山の上
●周りに誰もいない湖の真ん前
●海の波の満ち引きがバリバリ聞こえる海の真ん前

贅沢に上記にいろいろ複数を持っているコテージも当然あります

多くの人が、買い物する場所から離れたところに向かうため、トラックやバン、牽引き、RVなどにカヤック・ボート、バイクや4駆やポケットバイク、釣り道具などの遊び道具から食材までたんまり積んで出発します

周りにくまなく声をかけたら、一人くらいはコテージ(別荘)所有者がいるかもしれませんよ
そんなお誘いがあれば、ぜひ体験してきてくださいね

他の カナダ人に聞いてみた! 夏といえば・・・を見る
夏といえば・・・キャンプ!
夏といえば・・・ビーチ!
夏といえば・・・バケーション!

 

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。