メキシコ珍道中旅行ービーチでキャンプ♪ そして最終日は突然の別れ

ビーチでキャンプ

Cuco「今日はビーチでキャンプだよー」

ありがとう。

ってことは今日はシャワーは無しですよね。
いいんです。
トイレにいければ・・。
ええ。

考えてみたら1日目は倉庫

2日目は(一応)お家

まだ私テントで寝た事なかった。

3日目にして初テント!
四苦八苦してテント組み立てを習う私。
ええ。
スパニッシュですから・・。

今日の寝床をじぶんで作り上げるってけっこう感動☆

私「寝る前にトイレだけいきたいな」

という私に賛同してくれた女性陣。
そして探し当てたトイレは・・・使える状態じゃない。

さすがの汚さにメキシカンも「No!」と拒絶。
トイレいざとなったら海でしてやる・・。
と心に誓いながら寝る28才の私でした。

私「しかたないからとりあえず手だけでも洗ってみるか・・。」

とひねった水道の蛇口・・・。
から出てくるはずの水・・・ではなくってヤモリ!!!!!

私「アリエナイ、ヤモリがでてきた!!しかも水出ないし」
と通じない英語で必死に訴える私。

こうなったら忘れてしまえと眠りにつくものの・・・。
まだ暗いうちからテントが奏でる軽快なサウンド“ポトっポトっ”って

カモメ、フン落としすぎ・・・。

いやー。
それでも朝波の音を聞いて起きるって贅沢だよねー。

このなんとも適当に始まった私のサバイバル生活・・。
気づけば終わりに近づいてる。

このあとに行った先はカンクンに並ぶぐらい綺麗なビーチ・・・を歩く私。
このビーチ、アメリカ人やカナダ人には人気あるけど、アジアンはまったくいない。
私、日本人という看板背負って歩いてきました。

この日は帰路につきつつなため宿泊先はなんとホテル!!
これも普通に考えたら泊まらないようなホテルだったけど・・。
でも、お水がでてベッドがあるということに贅沢感を味わう私でした。

コンクリートのカタサやニワトリの鳴き声やカモメのフンに邪魔されることなく久々にぐっすりと寝ておきた次の日。

最終日

今日の訪問先は大学。
地元の大学生達の綺麗さ&かっこよさによだれをたらす28才。
あは。

そして、素敵なメキシカンを交えてランチ☆
はじめて豚のスキン食べてみました。
もう食べません。

旅の日程知らない私は、このランチの後に突然

Cuco「バス移動してもらっていい?ここで別々のルートで帰ることになるから・・」

私「は?意味がわからない。」

Cuco「自分達の住んでる州は広いから近場に住んでる人達ごとにバス別れるから」

ようやく、ここまでずっと一緒にいてくれた優しいメキシカンのマリやバルバラ&アレハンドラとここでお別れになるんだって理解する私。

突然認識したお別れに挨拶もそこそこに号泣しつづける日本人。9才のアレ(旅の間は私のスパニッシュの先生)に「忘れないから」っていうジェスチャーをされ、さらに号泣する28才。

Pepe(旅のリーダー)「あたし、目がさらに小さくなるから泣かない!」

と言われるぐらい泣きつづけ私の5日間は終了しました。

本当にお金では買えない素敵な出会いや経験ができたMixico旅行。

「ビバ!メヒコ!ガブロネス!」

日本に戻るとなかなか行きづらくなるけれども・・・。でも、是非また行って見たいと思うナー。

 

ワーホリたちが泊まったすごい宿泊施設特集
水道の蛇口から出て来たのは水ではなく、やもり・・・
倉庫で寝る

水洗じゃないトイレに電気なし、風呂はあるがお湯は出ない、川の水で風呂
後にも先にこんな宿泊先には泊まらないだろう
高級ホテルでトイレを詰まらせた
サバイバルキャンプのお宿は湖に浮かぶお宿

カナダワーホリ あたし ワーホリ中のブログを読む
レスキュー隊員に!
すてきなモノを見てしまいました
有名人がバイト先に食べに来た
三十路に向かって・・・
語学学校・スピーキング専門学校・トイック・児童英会話講師ディプロマ取得

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。