バンクーバーでの新型コロナウィルスの状況(2020年1月31日現在)

今日のバンクーバーは朝から雨が降り続いています。シトシトとした小雨ではなく、かなりザーザーと降っており、大雨注意報も出ています。ただ気温は9度前後とこの時期にしては、まあまあ暖かく感じます。日本はかなり暖かな日と寒い日のさが激しいと聞きました。体調を崩しやすい季節ですよね。ご自愛ください。

さて今日のブログのテーマは、

バンクーバーでの新型コロナウィルスの状況

です。日本ではかなり報道が過熱しているようですが、バンクーバーの状況を今日はまとめておきたいと思います。

1月26日にBC州政府は新型コロナウイルスに感染したと推定される患者が1名発生した旨発表しました。感染が確認された人は中国・武漢を最近訪問したバンクーバーエリアの居住者で、報道によれば、容態は安定しているとのことです。ただしBC州保健省は、現時点でBC州における新型コロナウイルスの拡大リスクは低いと述べています。

参考:https://news.gov.bc.ca/releases/2020HLTH0015-000151#

BC疾病管理センターによれば、新型コロナウイルスの典型的症状として「熱、咳、息切れ」などが挙げられています。これらの症状があり、感染が疑われる場合は早めに医療機関を受診するように呼びかけています。

季節性のインフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策をとるとともに、州政府及び各保健局の最新情報を収集するなどして、感染予防に引き続き努めてください。

“The most important things that a person can do is to wash their hands regularly and avoid touching your face.”

(最も重要なことは、手洗いをこまめにすること、そして手洗いをしていない手で顔を触ることを避けることです。)

と発表がありました。

アジア系の人が多く住むバンクーバーでは中国に渡航した人が多く、感染者が拡大するのではないかと懸念が広がっていますが、現在のところは落ち着いています。

街中でマスクをしている人はほとんどいません。見かけることはあってもアジア系の人がしていることが多いように思います。アジア系の人はアジアのニュースを見ているからか、マスクを買い占める人が多くマスクが売り切れになっている薬局やお店もあります。

エアーカナダ は2月いっぱい、カナダの都市と中国(北京、上海)を結ぶ路線の運休を発表しました。またカナダ政府は中国への渡航禁止を発表しています。

語学留学やワーホリで学校に通学予定の人は気になると思いますが、現時点での語学校の様子ですが、休校になっている学校はありません。通常通りの授業が行われています。

ほとんどの学校では以下のように対策をしています。

1・体調が悪い場合は、学校に即時に連絡し、
  2週間自宅待機、もしくは現地のお医者様からの証明をもらうこと。
2.体調が悪い人との関わりを避けること。
3.マスクを着用すること(無い場合はハンカチ等で口をカバー)
4.手洗いうがいを徹底すること。

1月31日現在、特にバンクーバー市がパニックになるようなこともおきていませんし、語学学校も平常通りの授業です。留学や、ワーホリを考えている人はご安心ください。

さて、ちょっとここで、カナダワットという会社に関しても、説明させてくださいね。

カナダワットでは留学エージェントではなく留学&ワーホリコンサルタント(サポーター)です

目標を見失いそうになった時に一緒になって探し、世界を広げる初めの一歩をお手伝い。広がった世界への力添えもしております。

まずは無料の留学・ワーホリ完全ガイド請求・お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせはLINEでも受け付けております。

2020年本気でカナダ留学やワーホリをお考えの方、あなたの目的を教えてください!そうすれば、カナダに長く住むスタッフや、実際にカナダワーホリを経験したスタッフ、留学経験者からのの生の情報やアドバイスが可能です!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。