2020年、バンクーバーシェアハウス、ホームステイの家賃やエリアの傾向

今日のバンクーバーはもう秋の天候です。曇りの一日となりました。気温は15度。バンクーバーはゲイパレードが終わると本当に初秋という感じで、肌寒い日、暑い日、1日の中でも寒暖の差が激しく体調を崩す人も多いです。皆さんの街ではいかがでしょうか?

さて今日はバンクーバーのシェアハウス事情をホームステイなどと絡めながらまとめてみたいと思います。まずはバンクーバーでホームステイをする、アパートやシェアハウスを借りる場合の目安となる金額をご紹介します。条件により幅がありますが、留学やワーキングホリデーでバンクーバーに来られる方で多いのがこちらです。

以下に掲載している家賃はバンクーバーの中でも治安が良く住みやすいウエストサイドでの料金です。(ホームステイはバンクーバーの郊外地区の料金となります。)なお1ドル=85円として計算するとおおよその金額がわかります。

ホームステイ

家賃:1050-1350ドル/月
食事:2食または3食付き

カナダの一般家庭に滞在するタイプ。部屋と食事を提供してもらい、ホストファミリーとの共同生活を送ります。部屋には家具などの生活用品が揃っているため、トランク1つで入居可能。

バンクーバーは移民の坩堝ということもあり、ホストファミリーの国籍・人種は様々です(フィリピン、中国、韓国など)。また、ホストファミリーの多くは“ビジネス”としてホームステイを提供しているのが実情。日本のメディアで取り上げられるような「西洋人のアットホームな家庭」「週末に家族みんなとお出かけ」などのイメージを持っていると、ギャップに驚くこともあるかもしれません。もちろん中には「他国の人々と触れ合いたい、役に立ちたい」などの思いがあって運営している暖かいファミリーもあります。

また、ホームステイのほとんどが郊外となるため、交通の便が良い所はそれほど多くありません。提供される食事も、口に合う・合わないが別れます。素晴らしい料理を提供してくれるファミリーもいれば、食パンや野菜を置くだけのファミリーもいます。

そして他人の家に滞在するわけですから、当然各家のルール(洗濯・食事・入浴時間・門限など)に合わせる必要があるため、完全に自由な生活を送ることはできません。

バンクーバー ホームステイが良いの?シェアハウスが良いの?

実際にある、バンクーバーでのホームステイやシェアハウスでのトラブル

 

ホームステイに関するブログは上記でもご覧になれます。上記ブログではホームステイに関する理想と現実や注意すべき点、トラブルについてなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

アパート(ワンルーム・一人暮らし)

家賃:1,400-1,800ドル/月
光熱費、インターネット、TVなど:120ドル/月
その他に家具や日用品などを準備する必要があります。

Downtown の高級コンドミニアムは月に$2,500-をこえるところもざらです。

入居時にデポジット(保証金)として家賃の半額を支払い、退去時に破損などの問題がなければ、クリーニング代をひいた金額が返金されます。「デポジットを払った時点で契約完了」となるため、決定したら早めに支払いましょう。デポジットを払っていないと、口約束で契約していても他の人に貸し出されることもあります。

学生ビザやワーホリビザですと借りることが難しいのが現実です。また家具などがついている物件と、全くついてない物件があり、ついていない物件の場合は、自分で家具を一通り購入しないといけないため、1年くらいの滞在ですと割に合わないことが多いです。

 

アパート(2人でシェア)

家賃:700-1000ドル/月
光熱費、インターネット、TVなど:80ドル/月
その他に家具や日用品などを準備する必要があります。

Downtown の高級コンドミニアムをシェアする場合は月に$1,000-をこえるところもざらです。(滞在費を安くするために3−4人で住んでいる人もいます。その場合ですと$700くらいに家賃が下がりますが、プライバシーはないと思ってください。運良く自分の部屋をゲットできる場合もありますし、リビングルームにカーテンのようなもので仕切られて、ベットではなくマットレス1個があるという場合もあります。)当然勉強などは難しく、図書館、あるいはコーヒショップで各自勉強といったケースも多いです。)

入居時にデポジット(保証金)として家賃の半額を支払い、退去時に破損などの問題がなければ、クリーニング代をひいた金額が返金されます。「デポジットを払った時点で契約完了」となるため、決定したら早めに支払いましょう。デポジットを払っていないと、口約束で契約していても他の人に貸し出されることもあります。

学生ビザやワーホリビザですと掲示板などをみて、直接コンタクトして借りる形になります。基本家具などがついていますが、特にダウンタウンの場合はプライバシーはない場合もあります。部屋は当たり外れがありますので、絶対に写真で判断するのではなく、自分で実際に行って確かめてください。また大家さんや、掲示板に掲載している人本人に会って、安全面などもきちんと確かめてください。またその際に実際現時点で住んでいるルームメイトになる人にも会っておくことをお勧めします。

シェアハウス

家賃:620-750ドル/月(エリアにより大きく異なります)

通常は光熱費や家具、生活用品などの料金が含まれています。

入居時にデポジット(保証金)として家賃の半額を支払い、退去時に破損などの問題がなければ、クリーニング代をひいた金額が返金されます。「デポジットを払った時点で契約完了」となるため、決定したら早めに支払いましょう。デポジットを払っていないと、口約束で契約していても他の人に貸し出されることもあります。

女性限定のところも多く、男性は見つけるのが大変なときもあります。

カナダワットは男性入居可能なシェアハウスもご用意しています。ただし、部屋数は少ないですので、もし興味がある方は、早めに連絡をお願いします!

カナダワット紹介のシェアハウスはどのような人と一緒になりますか?

カナダのシェアハウスってこんな感じです。

上記のブログでもシェアハウスについてまとめてありますので、読んでいただければ幸いです。カナダワットは、シェアハウスをお勧めしています。ホームステイに関しては、本当に当たり外れが大きく、最近もまた、現在、日本で留学エージェントさんが手配してくれたホームステイに滞在しているが、退居したいという方の相談を受けました。話を聞いていると食事が特にひどく、”食べられない”というようなものが毎日出てくるそうです。しかも値段が1ヶ月1300ドル。せっかくカナダの生活を楽しみにしていたのに、最悪のスタートです。というコメントでした。

では実際にバンクーバーはその近郊のエリアを詳しく見ていきながら合わせて家賃の相場なども見ていきましょう。

バンクーバーダウンタウン

便利といえば便利です。すべて徒歩圏内で基本的な用事は済ますことが可能です。もちろん、ほとんどの語学学校はダウンタウンにありますので、通学も頑張れば徒歩ですませられ、バスパス(定期券)を購入しなくても大丈夫です。また深夜まで働く場合(居酒屋など)は徒歩で帰宅できるので便利です。

ただし、住環境は。。。一軒家がほとんどないため、アパートやコンドミニアムをシェアーすることになります。築年数が高くなれば、それだけ家賃は下がります。(しかも、お部屋の面積も古いコンドの方が広めです。)でも、落とし穴は水周りです。結構の確立で水漏れ、もしくは水が流れないなどのトラブルが発生します。あとは、ダニ、ベットバグなどの害虫被害。安い家賃にはそれなりの問題も潜んでいる場合もあります。比較的新しいコンドミニアムは清潔!ただし、お部屋の面積が極端に狭いところが多い。この狭さで2-3人生活するということは、基本的には、プライバシーはありません。帰って寝るだけと割り切っている人はよいかもしれないです。ダウンタウンの一般的なコンドの家賃ですが、1ベッドルームで$1400~$2200くらいです。$1000-切る物件はかなりの古さを覚悟してください。もしくは、なにかいわく付きの物件です。

バンクーバーイースト地区

郊外バンクーバー市のイースト地区。ここは古くからの住宅地が多いですが、最近コンドミニアムの建設ラッシュでだいぶ様子が変わってきました。ひとつの大きな家に、何人かと暮らすのが一般的です。地域にもよりますが、治安の悪い地区もあるので、要注意です。特に夜の一人歩きは怖い~!と思うかもしれません。この地域のシェアハウスの値段は$550~$800くらいです。

この地域は住環境はそんなに悪くはないのですが、通勤、通学に、治安の悪い危険なエリアをバスや電車で通らなければならないところが大きなマイナスポイントです。日中はまだしも、早朝や夜遅く治安の悪い地域を通るのは本当に危険です。変な人がバスに乗ってきて大声で叫んだり、明らかによっている人や薬をやっている人などがたむろしていたりという地域を通るので、この地域に住むことをカナダワットではオススメしていません。

バンクーバーウエスト地区

逆にバンクーバー市のウエスト地区。ここも古くからの住宅地です。ただし、治安は非常によい。なぜならば、高級住宅地だからです。庶民の夢のまた夢!といった大邸宅が多いのもこのエリア。ダウンタウンへのアクセスのよさも大きな魅力です。シェアハウスの値段は$650~$900-くらいです。この地域は特に治安がよいのでオススメのエリアです。

その分、留学生やワーホリの人たちだけでなく、地元カナディアンも家探しに必死になるエリアなので、人気が高いです。気に入ったけど、契約は後で、、などと思っていると、さっさと別の人が契約してしまうというケースも多いです。カナダワットの契約しているシェアハウスは、この地域に集中しています。10年以上お付き合いのある安心できる大家さんの物件です。

バーナビー

バンクーバーの隣の市、バーナビー市。非常に広い市になります。東西南北に大きいイメージ。メトロタウンという大きなショッピングモールがあります。メトロタウンは安い日用品を買えるお店や(Canadian Super Store) 、T&Tという台湾系のスーパーマーケットも入っています。なので、いつ行ってもたくさんの人がいます。また郊外の人達はここまで来ればダウンタウンにいかずとも、すべてが手に入るので便利!という一面もあるでしょうね。この地域は最近、高層コンドミニアムの建設ラッシュです。いままでは規制により建設できなかったので、規制緩和により、まさに建設ラッシュ。20-30階建てのコンドがあちこちに出現しています。古い低層階のアパートだと大体$650-~$800 といったところでしょうか?また家族で住んでいる人も多く、治安はまあまあといったところだと思います。人種は地域によりばらつきがありますが、白人系、中国系、ベトナム系、フィリピン系といった人たちが多く住んでいます。また、市の北側にはブレントウッドモールというショッピングモールもあり、高層階コンドの建設ラッシュですね。この北側の方は白人系、ベトナム系、そして韓国系が多い印象です。市の北側の家賃も古い低層階のアパートだと大体$650-~$800 といったところでしょうか?新しいコンドでは$1000越えですね。シェアハウスの場合は$500-~$800くらいの所がほとんどです。

ホームステイのご家庭が多いのもこのエリアです。バンクーバーのダウンタウンまではスカイトレインという電車や、バスを使う形になります。電車だと40−50分くらい、バスだと50−90分かかります。

リッチモンド

つぎに、リッチモンド市。バンクーバー国際空港のあるところです。ここは一言でいえば、チャイナタウン。市の中心部は中国系のお店で埋め尽くされています。美味しい中華や飲茶を食べたければ、絶対外せないお店がたくさんあります。ここにもアバディーンセンターというモールもありますが、なかにいる人はアジア系。白人はたまにしか見かけません。裏を返せば、アジア系の食材やレストランの宝庫。日本の100円ショップ、ダイソーや新宿さぼてんなども入っています。とにかくこの市の65%を占める中華系の人達の印象が強いです。最近、市の条例で、外に出す看板には”必ず英語を表記する”ということになりました。それくらい、漢字をよく目にします。ただ、リッチモンド郊外は白人比率がぐんと高くなります。スティーブストンという町は美味しいFish & Chips を食べることができます。(この街も昔は日本人漁師がかなり住んでおり、大きな日本人街でした。) 家賃の相場ですが、実は中華系のお金持ちは、あまりお部屋を貸したがりません。古い低層階のアパートだと大体$750-~$1,000- といったところでしょうか?新しいコンドでは$1,500-越えですね。シェアハウスの場合は$600-~$800くらいの所がほとんどです。

バンクーバーのダウンタウンまではスカイトレイン(カナダライン)という電車や、バスを使う形になります。電車だと40−50分くらい、バスだと50−90分かかります。

この2つの市はバンクーバーに隣接しているのでダウンタウンへの交通のアクセスも良いです。ただし、通勤通学時間はかなり混む(日本ほどではないですが)ということを頭に入れておいてください。また公共交通機関の運賃区分としてはZone2という少し高めの運賃設定になりますので、注意が必要です。

ノースバンクーバー

字の通り、バンクーバーの北に位置するノースバンクーバー市。バンクーバー市とノースバンクーバー市の間にはバラードインレットという入り江があります。なので、公共交通機関でのアクセスはバス、もしくはシーバスという小さなフェリーになります。(シーバスは、人とケージに入ったペット、自転車のみ乗船可能です。)結構ダウンタウンから遠いイメージがありますが、実はそんなに遠くありません。自然が多く、治安は非常に良いです。人種は白人、中東系、アジア系が多く住んでいます。シニアの人が多いのも、この地域の特徴かもしれません。モールの年齢層は、他の地域に比べ高いです。なので、モールの閉まる時間が早い!(PM5:30頃には店じまいする店が多いです。)まあそのせいか全体的にのんびりとした雰囲気の街です。この地域も最近高層階のコンドミニアムがたち始めました。特にバンクーバーにアクセスする、2つの橋の周りと、ロウンズデールキーと呼ばれているシーバス駅の周辺は建設ラッシュです。家賃の相場ですが、この地域は1部屋$900-~$2000-くらいです。シェアハウスの場合は$680-~$800 くらいです。ただし、この地域は貸し部屋よりもホームスティが多い印象が強いです。

ウエストバンクーバー

ウエストバンクーバー市。バンクーバーウエスト地区ではなく、ウエストバンクーバー市です。ダウンタウンからの公共交通機関でのアクセスはバスのみです。この地域は別格の高級住宅地。海に面して、もしくは山の中腹に大きな家が立ち並びます。まだまだ高層階のコンドミニアムは少なく(海の近くにはありますが)とにかく、この地域は一軒家です。人種は白人、金持ちの中華系、が多いです。そのせいか、隠れ家的な高級レストランも多いエリアです。治安は非常に良いです。モールはパークロイヤルというすごく広いモールがあります。このモールは280店以上のお店が入っています。高級住宅地らしく、全体的にのんびりとした雰囲気です。この地域は、貸し部屋、ホームスティともにあまり見かけません。家賃の相場的には1部屋$2200-~$3000くらいです。シェアハウスの場合は(本当に数は少ないと思います。)$1200-~$3000- くらいです。

この2つの市に言えることは、ライオンズゲートブリッジ、もしくはアイアンワーカーブリッジ、このバンクーバーへアクセスする2つの橋で事故などがおこると、橋自体が通行止めになることがあり、その時が悪夢! 人々がシーバスやもう一つの橋に殺到するために、大変な渋滞となります。その点だけが注意事項といったところでしょうか?

2020年のバンクーバーの家賃の傾向は?

さて次に2020年に向けた家賃の相場ですが、下がることは予想できません。むしろ上がる傾向にあります。また最近の傾向として、物件を売りに出す傾向が多いため、シェアハウスやホームステイを受け入れていたお宅が、売りに出され、ワーホリや留学生などを受け入れないといった傾向もあります。ますます家探しが難しくなっていくことも予想されています。また男性の人は、物件が見つけにくくなっているので要注意です。

バンクーバーのシェアハウス、物件探しに男性は苦労するかも!?

カナダワットでは治安のよく、安心できる物件をリーズナブルな料金で提供しています。このサービスはカナダワットにサポートプランをお申し込みの方限定とさせていただいています。サポートプランの詳細は、https://canadawatt.com/support/3support をご覧ください。

カナダワットはシェアハウスの相談だけでなく、学校相談やビザ、生活相談など、ベテランスタッフがきめ細かく対応していますので、ぜひLineやメールにてお問い合わせください。

https://line.me/ti/p/IwDTLL6ifE

お問い合わせ

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。