カナダワーホリ☆組ーバンクーバーで携帯電話を無くし損ねたー

カナダワーホリでノースバンクーバーに住んで、バイク通学しているスマイルです。
森の中のお家の生活も慣れてきました。
料理の腕も随分あげてきたと思います。

今日のスマイル通信、携帯をなくし損ねた話です。

携帯電話を無くし損ねた

カナダワーホリ☆組や、他のワーホリのみんなから報告で、「コンパスカード無くしたー」という内容があるたびに

「明日は我が身か」

という気持ちで毎回引き締めていたのですが、とうとう俺にも災いが訪れました

インラインスケート(ローラーブレイド)をした日は帰りがちょっと遅くなってしまい、深夜0時30分頃になっていました

その日は疲れていたので荷物をほとんどカバンの中に入れたまま就寝
次の日、学校に行くべく準備をしていると、携帯電話の無い事に気づく
ちょっと探すが見つからない。真剣に探すも見つからず
焦る俺、もう一度丹念に探す

無い

ヤバい、無くした?

昨日荷物整理しなかった事を後悔する
昨日の事を思い出し、どの時点まで電話はあったのかを思い出す

バンクーバーのダウンタウンからバスに乗る時に電話の時計で時間を確認していたのでそこまではあったらしい
となると、ダウンタウンからバスに乗った後から電話は行方不明になっている

結果、電話はバスの中か、バスから降りて家までの道のりか、家の中か
そうだ、自分の携帯に電話してみよう!と気づく
焦っているとこういうアイデアも浮ばない

自分の携帯に電話をする
常にバイブ機能にしたままなので、耳を澄まして振動音を探る

どこだ?

するとなぜか受話器から人の声が

???

俺、理解できず
数秒後誰かが俺の携帯電話を持っていて、その人が電話に出た事に気づく

焦っていたので俺、「もしもし?」と発言
チョー馬鹿

気を取り直して「Hello?」英語モードで再挑戦
相手も英語
しかし、こういうケースは何を話せば良いのかお互いに分からず、俺、相手共に躊躇する

俺:えーっと、、その携帯って・・・あ、その携帯は俺のなんです、でも今はアナタが持っている。これはちょっと不自然・・・だよね?

相手:うん、そう思うよ。俺は今アナタの携帯を持っていると思います。

俺:その携帯をどこで拾いました?

相手:バスの中で

俺:何番のバスですか?

相手:○○○番、昨日のPM12時頃、俺座ったすぐ側に携帯が落ちていたよ

俺:あーっ!○○○番!!昨日12時頃乗っていました!

相手:OK!あなた今どこにいるの?

相手は今、ティープコーブにある自宅にいるらしく、俺の家ともそれほど遠くないので、20分後に近くのスーパーストア入り口付近のホットドック屋にて待ち合わす事に

20分後、約束通り俺の携帯を持った俺より若い青年が笑顔でやってきて携帯を返して頂きました
彼はカナディアンで今はキャピラノ大学に通っているそうです

ホントにホントに良かった。マジ焦りました
無くしたときはどうしようかと思いました
今、自分の手元に携帯があるのが奇跡のようです
感謝の言葉を言いたいのですが、言葉が出てきません

こういう時は気持ちが伝わればいいんだ
オリジナルで行こう
そして出てきた言葉がコチラ

「Really REALLY thank you so much .」

もっとreally言ってたかもしれません

「I’m very lucky, because you’re very kind .」これで意味が通じるのでしょうか

「I remember Canadian is very kind . I don’t forget.」
ちょっとバカな発言かもしれませんが、言わないよりは言った方がまし

とにかく今の自分で出来る限りの感謝の言葉を伝えました
日本から持ってきた日本のステッカーをあげました
喜んでました

とにかくとても良いカナダ人に拾ってもらって本当に良かったです
今回の件はただただ相手に感謝
そして俺はとても運が良かったのだと思います

カナダワーホリ☆組 の他己紹介を見る

他の カナダワーホリ☆組のブログをみる
犬に舐められた、蜘蛛がでた、熊も出た!

他の留学生・ワーホリのカナダ滞在中 も見てみる
カナダ留学・ワーホリのインタビュー
ワーホリの一年を追ってみた!
Emiの自転車放浪記
ワーホリから見たところ変われば・・・ヨガ
ワイン通のカナダワーホリYosshieのワインのことなら
ギリホリカップルのバンクーバー帰省旅行
カナダワーホリ後、何してる?カナダ・バンクーバーに家族移民!

 

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。