2021年、内定に結びつける留学!カナダ留学をして日本で就職活動をすると有利?Co-op プログラム受講者の体験談!(VanWest College)

今日のバンクーバーは日差しもあり穏やかな1日となりました。バンクーバーは段階的にロックダウンも解除され、日々の生活も以前と同じではないですが、少しづつ戻りつつあります。今日は用事がありダウンタウンに出かけてみました。以前と比べ人通りも少しづつですが戻っているようです。ただしまだまだがらんとした印象です。

オフィスビル内も、在宅勤務のせいか人の気配がありません。またこの機会に内装工事をしているオフィスもありました。またソーシャルディスタンシング確保のため、エレベーターも1台につき1人まで、あるいは1家族までとなっているところが多いです。

当分の間、カナダワットは在宅勤務を続けさせていただきます。新規のカナダ留学、カナダワーホリのご相談、バンクーバーのシェアハウスのご相談は、メールもしくはLINEでお受けしております。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

さて本日のブログのテーマは

2021年、カナダ留学をして日本で就職活動をすると有利?Co-op プログラム受講者の体験談!

です。新型コロナウイルスの影響で、全世界的に失業者が増えている中、就職活動をするのは本当に大変なことだと思います。大学を1年休学して留学を考えている人もいらっしゃるかと思います。そのような人たちにぜひ知っていただきたいのが、Coーopビザの存在です。

Co-op ビザとは?

専門学校のプログラムの中には、プログラムの一貫として就労経験が必須となっているものがあります。つまり、勉強した内容をさらに実践的にさせるために実務を経験する、というコンセプトです。このようなプログラムは、インターンシップ・プログラムCo-opプログラムと呼ばれ、海外で就労経験が積めるのでとても人気があります。

これらのプログラムを受けるには、「就学」と「就労」の両方のビザが必要です。またCo-op期間であっても就労ビザだけでは仕事は出来ません、必ず学生ビザもセットで必要です

Co-opビザを取得すると、Work Permitの雇用主名の欄に学校名が表記されます。つまり本当に企業に雇用される訳ではなく、学校の管理下で、就労経験というプログラムの一部を受けるという理解になります。

Co-opとインターンシップの違い

ビザ手続きの観点からは、インターンシップもCo-opプログラムも特に違いはありません。どちらも、あくまで専門学校が作ったカリキュラムに基づいて就労経験が出来る、というものです。

一般的には、インターンシップは無給の「実習」という位置づけがほとんどで、期間も一ヵ月など短期でプログラムが組まれています。(厳密にいうとPracticumという位置づけとなり、コース全体の20%が上限だそうです)その代わり、学校は責任をもってインターン先を手配する場合がほとんどです。

一方Co-opは、法律の最長期間である、コース全体の50%まで組まれているケースが多いです。例えば12ヵ月の専門コースであれば、6ヵ月が授業、6ヵ月がCo-op(就労)という比率です。ただし就労先の手配は、必ずしも学校が責任を持つとは限らず、サポートをする程度・・という場合もあります。

メリット、デメリット

まずメリットとしては、しっかりと就学・就労ができるプログラムであるということです。先ほども書きましたが、12ヵ月の専門コースであれば、6ヵ月が授業、6ヵ月がCo-op(就労)という比率です。ですので、座学の授業でしっかりと知識を習い、その知識を残りの6ヶ月のCoーop期間中に実践を積むことができます。高い目的意識をもって留学生活を送ることができるので、その後の就職やキャリアチェンジにも役立てることができます。

2番目のメリットは年齢制限がないことです。ワーキングホリデービザは30歳までの方にしか発給されませんが、Coーopビザには年齢制限がありません。学生さんから社会人の方まで幅広い方にお勧めです。

デメリットという表現が正しくはないのですが、このプログラムは専門学校以上の学校で行われます。当然のことですが、高い英語力が求められます。ですので、専門学校レベルに入学できる、また授業についていける英語力が必要になってきます。

もしも英語力が充分でない場合には、ESLにて英語力をつけて、専門学校の入学試験を受験をしていただくことになります。

おすすめのCo-op  プログラム (Van West College)

Van West Collegeでは5つのCollegeプログラムを開講しており、そのうち3つに100%保証の有給インターンシップが含まれています。

インターン先での仕事内容は、カレッジプログラムでの専攻内容と関連していないといけないというカナダ移民局のルールがあるので、日本食レストランや皿洗い等にはなりません。生徒さんの英語力や仕事経験、性格や希望によりキャリアコーディネーターとの面談&就活練習の元インターン先を決めていきます。

・貿易マーケティングディプロマ/26ヵ月(有給インターンシップ付き)

・ビジネスマネジメントディプロマ/ 15ヵ月(有給インターンシップ付き)

・グローバルカスタマーサービスサーティフィケート/8ヵ月(有給インターンシップ付き)

・国際ビジネスコミュニケーションディプロマ/6ヵ月

・国際ビジネスコミュニケーションサーティフィケート/2ヵ月

そしてなんといっても、VanWest Collegeの自慢は卒業後の内定率の高さです。以下は、どのような企業に生徒さんたちが内定をゲットできたかのリストになります。

★内定報告★ 

バンウエストは中小規模の学校ですので、なんと言っても生徒との距離がとっても近いです!
SNSの普及もあり、バンウエストの卒業生から内定の報告をもらうことが多くあります。

2018 – 2020年
ザ・リッツカールトン東京(フロント)
ウェディングプランナー(グアム・ハワイ勤務)
シンガポールホテル(カジノ)
アメックス(日本支社)
エクスペディア(日本支社)
楽天(Web部門)
バンクーバーホテル(ワークビザ)
ケロウナホテル(ワークビザ)
ケロウナレストラン(ワークビザ)
ケロウナカフェ(ワークビザ)
メルカリ(エンジニア部門)
ANA グランドスタッフ(沖縄)
JAL客室乗務員(東京)
シンガポールエアライン客室乗務員
ケロウナウェディングコーディネーター(今年帰国)
外資製薬会社(東京)
大手英会話スクール総合職(東京)
大手英会話スール教師(名古屋)
国際人材派遣会社(名古屋)
貿易事務(大阪)
HONDA人事部(海外派遣あり)
などなど
すごいです!!!!!
<体験談>
VanWest Collegeバンクーバー校
グローバルカスタマーサービスCo-opサティフィケート
Masakiくん(大学生)
一企業の一員として働いていることに、とてもやりがいを感じました!
Q, なぜカスタマーサービスCo-opサティフィケートを受講しようと思いましたか?
自分は大学の硬式野球部に所属していて、引退までの3年半、ほとんど休み無く部活動をしていました。自分の大学にも交換留学や、単位を振り替えて貰える留学プランもたくさんあるのですが、部活動をしていたこともあって、引退後から、就活が始まる前に1年間のプランで、休学して留学をしようと思い、決めました。その中でも、長期インターンシップが組み込まれているコープは将来の自分のキャリアに活きてくると思い、英語力も伸ばせると思ったのでこのプログラムにしました。
Q, ESLの期間中、好きなクラスは何でしたか?具体的に何を学びましたか
GENERAL ENGLISHとEAPの両方とも好きでした。中でもEAP300とスピーキングのクラスは充実していました。EAPでは毎週末に個人やグループプレゼンテーションがあって、スピーキングに自信をつけることができました。座学で先生の話を聞くという授業よりかは、コミュニケーション、グループワークなどが多く、英語をとにかくアウトプットする機会が多く、とても楽しかったです。バンクーバーは移民大国なので、留学に人気ということもあって、かなり色んな国籍の友達ができました。8時半から始まる授業が15時には終わるので、友達とダウンタウンのカフェや、ファストフード店で宿題をしたり、ビーチに行ったり、とても充実していました。授業後の学校のアクティビティも色々あって、自分はよくバスケをしに近くのジムに行って3on3をしたりするのが好きでした!
Q. カナダでの就活経験について教えて下さい。(苦労した事、日本と違う事、最終的にどんな仕事をゲットできたか等)
基本的な就活スタイルは日本と同じでした。書類選考→面接→面接→内定でした。一番今でも覚えているのが第一志望の企業から電話面接がいきなりかかってきて、そのとき自分はノースバンクーバーに遊びに行く途中のバスで30分くらい電波も音質も悪い中、マナー的なこともあり、状況が最悪でした。何も言うことを準備していなかったので頭が真っ白でした。なんとかそれが通り、次の面接は完璧でした。それでDufryから内定を貰えました!面接は英語なので最初は苦労すると思うんですが、暗記は意味が無いです。場数と英語が勝手に出てくる感覚を身につければ面接もうまくいき、内定採れると思います。履歴書も日本同様、隅々まで見直し、何回も添削することをおすすめします。カナダはボランティア経験を重視するみたいなのでやっておくと良いリアクションをして貰えます!
Q, Co-op先での経験について、教えて下さい!
バンクーバー国際空港のWorldDutyFreeStoreという免税店でSales Associateとしてインターンシップをしました。この仕事にはとてもやりがいを感じました。時給も$15.25からスタート、売り上げによってボーナスが出ると高いですし、ユニフォーム支給、交通費負担などとかなりベネフィットが充実していました。その理由としては、この仕事はかなり責任が重大ということです。他の小売り店と違う点は、カスタマーが乗客で、フライトを控えています。迅速かつ正確なPOS、パッキングが要求されます。そして、お酒やたばこ、液体などを売るときは、乗り継ぎや行き先によって、国の規制が変わってくるので、免税のリミットもそれぞれ説明しなくてはなりません。制限を超えた液体の購入を許してしまうと、税関やセキュリティで引っかかってしまい、商品を取り上げられるか税金を取られてしまうので、正確な指示が必要になってきます。そして、空港ということで、英語を話せない観光客もたくさんいました。その人たちにも分かるような簡単な英語で説明してあげるなど、臨機応変に動いていました。この企業はトレーニングも充実していて、バンクーバー国際空港の歴史、セキュリティ、構内を勉強したり、ミーティングで会社の営業成績を会社全体で振り返ったりしました。お客さんに品物を勧めるには、商品を知っていないといけないので、例えば、チョコレートのLINDORのブランド代表が講義をしに来てくれます。このトレーニングやミーティングなども勤労時間に入るので、給料が出ます。まだ自分は社会に出る前の大学生なので、こういった早いうちから会社の一員として、企業の流れ、責任などを感じることができて本当に良い経験をしたと思います。完全英語の環境で、一企業の一員として働いていることにとてもやりがいを感じられたと同時に、今の英語力の自信にもつながりました。
Q, Co-opを通して、何のスキルが身に付いたと思いますか?(英語力も含めて)
挑戦する力とコミュニケーション力が身についたと思います。現地の会社に飛び込んで、英語で長期インターンシップしたことは大きな挑戦でした。この挑戦を乗り越えたことで英語力だけではなくて、一社員として周りの同僚とコミュニケーションを図ったり、積極的に相談したりできるようになりました。言葉と業務の両方が分からなかった時の焦ったあの感覚は今でも覚えていて、良い経験・糧になった気がします!
Q, これからの意気込みをどうぞ!
将来のプランとしては、英語環境の空港の免税店で働いたという経験と自信を元に、日本でも引き続き、英語環境の企業に就職したいとおもっています。バンクーバーで専攻し、働いた環境はカスタマーサ-ビスですが、日本ではB to Bの業界に興味を持っています。B to CとB to Bは業界が違うけど、対人、営業という意味では通ずる物があると思います。なので、異文化体験、sales associateとしての経験を元に、将来はいろんな国でグローバルに働く、外資系商社・日系商社の国際営業に就職を希望しています。
Q, Masakiくんと同じように、大学生で就活前の留学を考えている・迷っている方へ、何かアドバイスをお願いします!
英語を前提に、何かを専攻したいと思っている人にはぴったりだと思います。でも、専門学校に通うだけではなく、そこで得た知識を元に、カナダなら、Co-opというプログラムを使って、インターンシップをするべきだと思います。治安もよく、過ごしやすいです。公共交通機関も安く、便利です。色んな国籍の友達を作って、異文化を体験したいなら本当におすすめです!

さて、ちょっとここで、カナダワットという会社に関しても、説明させてくださいね。

カナダワットでは留学エージェントではなく留学&ワーホリコンサルタント(サポーター)です

目標を見失いそうになった時に一緒になって探し、世界を広げる初めの一歩をお手伝い。広がった世界への力添えもしております。

まずは無料の留学・ワーホリ完全ガイド請求・お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせはLINEでも受け付けております。

2020年、2021年本気でカナダ留学やワーホリをお考えの方、あなたの目的を教えてください!そうすれば、カナダに長く住むスタッフや、実際にカナダワーホリを経験したスタッフ、留学経験者からの生の情報やアドバイスが可能です!そして現在カナダにいる人も、あなたの人生設計の手伝いをしてほしい!という要望にも、きめ細かくお答えしますよ!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。