カナダの小学校その2ー小学校の教室内でボランティアー

親たちが教室内でボランティア

 担任の先生によりますが、カナダでは多くのクラス(特に低学年)で、子供の小学校の教室内での親のボランティア参加が盛んに行われています
驚くことは、お父さんのクラス参加ボランティアが少ないくないこと

ボランティアだけでなく、学校の送り迎えもお父さんがいっぱい

担任にもよりますが、多くはボランティアの必要な日を先生が教室の外に張り出しておき、親たちは自分の都合のよい日を選んで名前を記入する方式を取っています
特に新学期が始まって新しい先生・クラスメイトという9月やハロウインやクリスマスなどのイベントの時期は、親たち、競うように自分の名前を記入します
自分の子供が他の子供達とどう関わっているのか、先生の教え方はどうかなど、気になる親が多いのでしょう

長女のクラス担任は「自分でやる・する」というのを授業の基本に据えているようで、ボランティアといってもあまりお手伝いをすることはありません
どちらかというと、雑用係という感じ
子供達と直接関われないのは、少し淋しいですが、教室全体を客観的に見ることができるという点ではとてもいいです

ワーホリの中でも、ホストファミリーやシェアハウスの大家さんの子供と仲良くなれば、お迎えについて行ってカナダの教育事情に触れてみるとよいですね。
カナダワットの参加者の中には、ベビーシッターのお仕事をして、学校の送り迎えをしながら、他の子供や、親御さんとの井戸端会議に参加していた人もいます。
子供が好きなら、一石三鳥くらいでSね。

カナダの小学校には時間割がない!本当?!

いろいろビックリすることはありますが、一番驚くことは、カナダの小学校に時間割がないことです
子供の集中力が続くのが30分(大人でも30分が一番効率よく集中力が続く時間、と言われますが)。
それをうまく利用しているなと感心しました

新小学1年生のクラスの場合、何をするにも、まずはカーペットに子供達を集めます

カーペットにみんなが座ったら、
今から何をするか先生が説明
日を重ねるごとに、子供達は「カーペットに集まる=今までと違う何かをするんだな」とわかっています
みんなで声を出して、音読することもあれば、先生の朗読のときもあります
数字の書き方や日記を書くこともあります

 どんなときも、何か違うことをするときは、必ずカーペットに座らせ、先生の方を向かせるようにしています
それが、早くて10分間隔、長くて30分間隔です
先生が説明をしたあとに、もう一度、おさらいの説明という感じで、
「今から、何をしますか?」
「そして、わからなかったらどうしたらいいのかな?」
「○○をしてもいいですか?」
「何か質問がある人」
と必ず尋ねます
これで、十分理解できなかった子も確認できるわけです
しかし、笑ってしまうのが、あれだけ説明して、席についたのに、席につくなり・・・

こんなに説明したら、理解できてるはず! しかし・・・

「Mrs.○○!(当たり前だけど、○○先生!Teacher! とは呼ばない)」と手を挙げる子の多いこと多いこと
ほんと、聞いてたの??? と疑がってしまいます
え?これボケてんの?とツッコミを入れたくなるほどです
それに対して、生徒が生徒に教えるという行動もほとんどありません
「わからないときは先生に聞きなさい」という忠告をしているからでしょう
そうでないと、低学年は収集つかなくなるからかもしれませんね
生徒の人数に関わらず(長女のクラスは22名)、「生徒が先生と一対一でつながっているんだ」と感じ取ることができます雑用だけではなく、たまには授業にも参加させてもらえます
たとえば
●生徒達のレベルチェック
●母音や子音で読めるものと読めないものを一人ずつチェックしたり、
●日記を書く際、わからない単語のスペルを教えたり、
●プリントをする際、どのようにしていいかわからないという子に、やり方を説明したりなど

しかし、先ほど書いたように、先生はなるべく本人に考えさせ、本人がするという姿勢を大事にされています
余計な口は挟まず、生徒が「わからない」と聞いてきたときにのみ答えではなくヒントを与えるようにするのが親ボランティアには必要です

しかし、いろんな面で日本とは大分違いますね~

そりゃー、随分と違う大人が出来上がるわね、と思います

他のカナダの小学校 を見る
カナダの小学校その1ー日本とカナダの小学校の違い
カナダの小学校その3ー本読みの大切さ前編
カナダの小学校その4ー本読みの大切さ後編
カナダの小学校その5ー表彰式からわかるカナダと日本の教育方針の違い

他のボランティア も見る
本当?!バンクーバーでフルーツピッキングーボランティアー

他のカルチャーギャップ も合わせて見るを
逆カルチャーギャップーバンクーバーから日本に行って驚いた7つはコレ!
シェアメイトはカナディアンガール!? ワーホリシェア生活 前編
シェアメイトはカナディアンガール?! ワーホリシェア生活 後編

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。