カナダワーホリビザ残りわずか!2020年にカナダワーホリを考えている人は、今がチャンス!早めに申請しておきましょう!

今日のバンクーバーは曇り、これから明日にかけてゆっくりと天気は下り坂です。明日の予報は曇りのち雨。気温も現在19度です。今年の短い夏も終わった感満載のバンクーバーです。皆さんの町ではいかがでしょうか?

カナダワーホリビザ残数800を切りました!

が今日のテーマです。写真を見てもらえばお分かりかと思いますが、今日現在の残りスポットは”796”です。ただしすでに招待状は7385発行されています。ということは??もう埋まっている?それともオーバーしている??と疑問に思う人が多いかとは思います。

カナダのワーホリビザの招待状の数は、現在プロセス中の人もいますし、途中で棄権した人や、ビザ発行を拒否された人の数も含まれています。ですので、実際のところは”残りスポット”の数を参照してください。

以前のブログにも書きましたが、2020年前半、特に4月頃までにカナダに渡航をご予定の人は、2019年、今年のビザ枠で申請した方が断然計画が立てやすくなると思います。詳しいことは下記のブログを参照してくださいね。

2020年にカナダワーホリを考えているなら、今がチャンス!もうビザを申請しておきましょう!

またカナダワーホリ申請に必要なものを下記にまとめてみました。スムーズにワーホリビザを申請するためにも、下記のものを事前に準備しておくと大変便利です。

カナダワーホリ申請に必要なもの

まずは、パスポート!

有効期限が1年を切っている人、あるいはまだパスポートを取得していない人は早めに申請をしておきましょう。これがないとスタートラインにもたてません。案外パスポート申請って面倒ですよね。書類をそろえたり、パスポートセンターに申請に行ったりと手間がかかりますので、早め早めに行動しておきましょう!あと現在パスポートをすでに取得している人で、申請前までに海外に行く予定のない人は、自分の写真のあるページと、スタンプの押してあるページ、すべてをスキャンもしくは写真を撮って、1つのPDFファイルにしておくと良いかもしれません。

ご自身の顔写真(デジタル写真)

2019年度と大きく変更はないかと思います。証明写真としてアップロードするデジタル写真の詳細は、以下の通りです。

  • カラーで6ヶ月以内に撮影されたもの
  • 写真の背景は、白無地もしくは明るいもの
  • 写真のサイズは少なくとも35mm×45mmあること
  • 頭から両肩のトップが入り、顔が写真の真ん中にあること
  • 顎から頭のてっぺんまでのサイズは31mm~36mmにおさめること
  • デジタル寸法は少なくとも420×540ピクセルあること
  • 画像の解像度(PPI)は、600ピクセルにすること
  • 画像のファイルフォーマットは、JEPG または JEPG2000フォーマットにすること
  • 画像のファイルフォーマットは、60キロバイトよりは大きく、240キロバイトまでにすることが望ましい

そして英文の履歴書!

カナダワーホリビザの申請で第一段階では必要ないですが、プロセスがすすみ、ワークビザ申請においては申請書類に記載が必要です。また現在働いている人は学歴や職歴をまとめておくと、英文での履歴書作成において手間がはぶけると思います。また最近は日本語で入力すると、英語に自動変換されるアプリもあるようです。履歴書も早めに用意しておきましょう。

あとは資金!

お金はすべてではありませんが、あればあるだけ良いです!選択の幅が広がる場合もありますし、余裕がうまれます。一生に一回しか(しかもある年齢に限ってしか取得できない制度)できない、ワーキングホリディという制度を最大限に活かせるようにするためにも、資金調達はしっかりやっておきましょう。下記のブログでも資金についてワーホリ経験者のYukikoが詳しく説明しています。

海外生活!あれっ?!お金がないっ!?

 

また、渡航前には、歯の検診なども受けておき、カナダで虫歯や親知らずなどの治療をすることのないようにしておきましょう!親知らずを抜くために帰国したワーホリの人たちを何人も知っています。海外旅行保険には虫歯や親知らずなどは保険適応外というものが多いです。保険を契約する際に必ず担当の人に確認をしてくださいね。

カナダに長期で滞在する人は必見!海外旅行保険には加入しましょう!

本当にあった怖い話 保険に入っていますか?留学中の病気

ワーホリビザ発行の条件として、海外旅行保険の加入が義務ずけられています。実際にボーダーで入国審査官に保険の控えを提示するように言われ、保険に加入していなかった為、ビザの発行を拒否されたケースもあると聞きました。また上記のブログにも書きましたが、怪我や病気はいつ起こるか予想がつきません。また怪我や病気以外にも、家族の急な御不幸などのケースで海外旅行保険が適応となるケースもあります。カナダワーホリビザの許可証が出て、航空券の手配をしたら、海外旅行保険は必ず加入してくださいね。

まとめ

今日現在、2019年度のカナダワーホリビザ枠の残数は”796”です。2020年前半、特に4月頃までにカナダに渡航をご予定の人は、2019年、今年のビザ枠で申請した方が断然計画が立てやすくなると思います。カナダのワーホリビザの申請は、とにかく面倒!と思っているあなた!しっかりと事前に準備すれば全く面倒ではありません。自力で取得可能です。(過去何人ものカナダワット利用者の人は自力で申請して、無事にビザが取得できています。)もしそれでも不安だという人は、カナダワットのフルサポートプランをお申し込みください。ビザ申請のお手伝いをさせて頂きます。

下記のブログにもありますが、現在留学、ワーホリ完全ガイドをプレゼント中です。詳しい内容は下記ブログを参照してください。

留学・ワーホリ完全ガイドをプレゼント

サポートプランに記載されていない内容でもまずはお気軽にご相談下さい。費用がかかる内容の場合は完全事前見積もりを致しますのでご安心して問い合わせ頂けます!

お問い合わせはメールの他、LINEでも承っております^^

あなたが一歩踏み出せば、あなたの人生、大きく何かが変わることがあります。このガイドの最後にカナダワットのサポートプランをお申し込み頂き、ワーホリをされた人の体験談も載っていますので、ぜひ参考になさってくださいね!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。