せっかくカナダワーホリに来たのに英語を使っていないと感じていませんか?

How is your day??? こんにちはーー!今日のバンクーバーは雲の多い1日で、若干の青空が見えルカな??といった感じです。昨日もそうでしたが、朝は雨が降り、昼過ぎくらいから小雨になり、夕方は青空になり気温も少し上がってくるといった感じで、1日の中でも天気が目まぐるしく変わります。皆さんのまちはどうですか?

さて、今日のブログのテーマは、

せっかくカナダワーホリに来たのに英語を使っていないと感じていませんか?

この話題は、カナダでワーホリをしている人たちからよく聞く悩みの一つです。

”職場の環境も割と日本人が多くて、最近英語を使ってないんですよね〜”

”使う英語が決まってきていて、そのフレーズは言えるのですが、イレギュラーなことが起こると対応できないんです。”

”自分の知っている英語の範囲だけでの会話になるので、もどかしいです。”

”頑張って日本人同士で英語で話していても、途中で疲れたり、馬鹿馬鹿しくなってやめちゃうんですよね。そう思って韓国人の友達と英語でずっと会話していたら、その子のアクセントに慣れすぎて、綺麗な英語が逆に聞き取れなくなった。(苦笑)”

そうなんです。カナダに来てワーホリとして働き始めても英語が急に伸びるわけではないのです。もちろんリスニングなど伸びる分野もあるでしょうし、英語を使うこともあるかもしれません。ただし、ほとんどの場合、使う英語が決まっているために、ほぼパターン化されてしまっている状況という人も多いのです。また職場に日本人が多い場合ですと、結局日本語で話しをしてしまい、気がつけば、今日英語話してないなぁという人も中にはいます。

そのような中で英語を頑張りたい人たちは、どうしたら良いのでしょうか?

店員さんに色んなことを聞いてみる

ネイティブスピーカーと手っ取り早く会話をしたい人は、お店に行き店員さんに色んなことを聞いてみるのも一つの方法です。

例えば、スタバに行き、(混んでいるところは避けましょう!)飲み物のことを聞いても良いでしょうし、サンドイッチやお土産用のマグカップのことも聞いても良いかもしれません。

知っていてもあえて聞いてみましょう。知らない物を説明されるより、知った物を説明されるとより耳に入ってきやすくなります。またそれが何か知った上で聞く事により、何が聞き取れて何が聞き取れなかったか…自分の実力を知る機会にもなります。またそんな言い方もあるのね!と言い回しの勉強にもなります。

カナダのスターバックスに行くと、お客さんたちは例え1杯のカフェラテの注文でも、色々と自分の好きな味にあるようにリクエストしてます。

例えば、ミルクはSoy Milk (豆乳)に変更して欲しいとか、他の飲み物だとシナモンを入れないで!シロップ抜きで!とか、すでに混ざってしまっている物も多いので毎回、シロップを抜けるかどうか聞いたりしています。

みなさんは注文の際、何か特別にオーダーしますか?

  • 氷少なめ
  • シナモン抜き
  • ホイップクリーム多め
  • ナッツアレルギー
  • 熱め(エクストラホット)

…色々な可能性が広がる注文!店員さんを思うと大変ですが、英語を喋る機会・聞き取る機会が出来ます。そんな事でさえ勉強として一つ一つクリアしていくとより美味しい物へ、よりネイティブっぽい喋り方へつながります。

もちろん注文も聞き取りも最初はうまく行く事が少ないかもしれません。ですがそこで何がダメだったのか、発音が悪いのか、Linkingがうまく行っていないのか、声が小さいのか、よりネイティブっぽい喋り方はどんな感じか振り返ってみるといいかもしれません。

別の方法だと、自分の旅行の計画を旅行会社に行って立ててもらうのも一つの方法かもしれません。あえて日系ではない旅行会社に行って、自分の興味のある旅行先について聞いてみるのも良いかもしれないですよね。

例えば、南米について2週間のプランを立ててもらったり、ニューヨークでお勧めのツアーはあるかとか、帰りの日本行きの片道航空券の見積もりをもらっても良いかもしれません。(ただし暇そうにしている旅行会社や時間を見計らってくださいね。)

ただし、これはあくまでもリスニングやちょっとした会話をするきっかけ作りです。もちろん学校ではないので長々と話をしたり、もちろん自分の英語の訂正をしてくれるわけではありません。

なのでメリットとしては

  • ネイティブスピーカーが普通に話すスピードでリスニングをする機会となる。
  • 自分の興味のあることなので、聞き取りが比較的しやすい。
  • カフェなどであれば、注文の仕方を教えてもらえることもある。

そしてデメリットとしては

  • 忙しいと時間を作ってもらえないし、素っ気なく対応されることもある。
  • 英語の先生ではないので、特に自分の英語の間違いを訂正してもらえない。
  • 通じない場合は会話が平行線を辿る。

うまく行かなかった事は決して失敗ではありません。反省して次に活かせばいいのです。

出来なかったとそこで止まってしまったらそこが終着です。終わってしまいます。

ですが、反省や分析をして次の挑戦をしてみましょう!繰り返すうちに成功は近づいてきます。うまく行かなかった事が出来る様になり、そのうち出来なっかった時期の事を笑い話に出来ます^^

カナダに長く住んでいる人たちは、そんな経験は数え切れない位しています。その分、言い方を工夫したり、口の動かしかたを真似したりと色々試した人も多くいます。おかげで発音が良くなったり、ネイティブに近い表現ができるようになるのです。

もちろんまだまだ出来ない事、知らない事、言えない事はたーーーーーーーーーーーーーくさんあります。未だに恥ずかしい思いもたーーーーーーーーーーーーーーぁくさんっ!します!笑 ですが、失敗しなと分からない事もたくさんあるって事も知ってます。

語学学校のパートタイムのコースに参加する

バンクーバーにある各語学学校は、徐々にオンラインコースから対面の授業形式に戻りつつあるところもあります。

仕事の関係でフルタイム(午前と午後の授業のある学校)の学校に通学するのは難しい場合は、パートタイム(午前中だけ、午後だけ、あるいはイブニングコースなど)で参加できる学校もあります。

スピーキングや会話だけに特化した学校もあり、そこは回数券のシステムをとっており、10回分を購入すると、好きな時間帯の授業を10回分受けられるので、自分の仕事に合わせたスケジュールで通学することができます。

またイブニングコースでは、英語の資格試験、IELTSコースもある語学学校もあります。移民を狙う人や大学への進学を考えている人は、カナダではIELTSは必須と言っても過言ではありません。働きながらIELTSの勉強をしていれば、自分の英語も復習でき、新しい知識が増えていくこも間違いありません。

語学学校のパートタイムのコースに参加するメリットとしては

  • 自分のスケジュールに合わせて授業に参加できる。
  • 学校なので質問しやすいし自分の英語の間違いを訂正してもらえる。
  • 新しい単語や言い回し、知識が増えていく。
  • IELTSなどの試験対策もできる。
  • 新しい友達が出来やすい。

そしてデメリットとしては、特に思いつかないですね。。まあ授業料がかかるということぐらいですが、学校ですので、当然ですよね!

そしてもう一つ。

出来る事を繰り返すより、カナダにいるうちは出来ない事、普段しない事に挑戦し続けてみて下さい。

せっかくカナダへ留学・ワーキングホリデーに来ているので、環境を変えた事に満足し、出来る事を繰り返すのではなく、出来ない事・普段しない事に挑戦してみてください。そこでまた失敗や反省を繰り返し、人間力を成長させていきましょう!

日課を作る事も大切ですが、その日課が当たり前になった時に崩してみる事もしてみてください!また新たな発見や課題ができ、成長のきっかけになるかもしれません。

英語を使うチャンスは周りにたくさんあります!それを無駄にしていませんか?

学校に行かなくても〜と思っているあなた!学校でしか習得できない、ネイティブスピーカーが使う、様々な表現などもあります。

せっかくカナダにワーホリに来たのに、英語を使ってないんです〜!とただいっているだけではなく、まずは行動!そして、自分の英語があまり通じないようであれば、是非パートタイムでも良いので学校にいくことを考えましょう!そして大切なのは、なんとなく使える英語ではなく、正しい英語をつかるようになるということです。


反省や分析がうまく出来ない、失敗からなかなか抜け出せない。そんな時にカナダワットにお任せください^^ 第三者からの意見が大切なのはもちろん私は同じ様に失敗を繰り返しています。

そんな時に力になったのはプラスに、ポジティブにもっていってくれる友人やカナダワットスタッフでした。そんな人たちからポジティブシンキング・パワーを今度は私がシェアしたいと思います!

今から留学やワーホリを考えている人はもちろん、現在カナダにいて行き詰まっている・困っている人からのお問い合わせも受け付けております。

またLINEの友だち追加をして頂き、ご希望であれば現地より有益な情報をお届け致します!

そして、2020年そして2021年、カナダでの語学留学やワーホリに興味があるあなたからの、連絡をお待ちしております!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。