ボランティアで台風の復旧作業を手伝う、ラグビー・カナダ代表に尊敬!あなたのカナダ留学やワーホリ生活は?

今日も雨が降ったりやんだりのバンクーバーです。気温は現在12度。公園の木々の葉は黄色や赤にそまって非常にきれいです。特に今の時期、カナダの国旗のシンボルである”Maple” があざやかに赤く色づいています。天気の良い日には青空と、木々の黄色や赤色のコントラストが非常にきれいですよ。

さて今日のテーマはボランティア。最近日本でも、大地震や自然災害などで注目を集めているボランティアですが、あなたは自然に出来るでしょうか?以前のブログにも書いてありますが。今回はボランティアについて少し書いていこうと思います。

ボランティアってなに?

広辞苑では、
ボランティア【volunteer】
〓志願者。篤志家。奉仕者。
〓自ら進んで社会事業などに参加する人。

英和辞典では、
vol・un・teer /vþlþnt・|vþlþnt・þ/♪〓→〓
〓〓〓
1 志願者; ボランティア,篤志奉仕家 [for].→〓
2 志願兵,義勇兵.
〓〓〓
1 有志の,志願(兵)の.→〓
2 義勇(軍)の.→〓
3 <植物が>自生の.
〓〓〓
1a <奉仕・援助などを>自発的に申し出る[提供する,買って出る].→〓
b þ+to do・覆鵑Ç<…しようと>申し出る,自発的に<…することを>引き受ける.→〓
2a <意見・情報などを>自発的に[進んで]述べる.→〓
b þ+引用þ<…と>進んで言う.→〓
〓〓
1 進んで事に当たる[従事する].
2 þ+前+(代)名þ
a […に]志願する; […の]徴兵に応募する [for].→〓
b 進んで[…として]勤めたいと申し出る [as].→〓
vol・un・teer・ism /vþlþntþ(þ)rþzm|vþl-/
〓〓〓 ボランティア活動.

辞書で調べると「自発性」が語源の様です。
「無償性」、「公益性」という言葉は、ありません。

「ボランティア」という言葉は、英語です。
日本語で当てはまる言葉がなかったので「英語」のまま使われている様です。

随分前に、ボランティアに起源は、西洋の教会の掲示板であったと聞いたことがあります。教会の掲示板に、”私は何日の何時から何時まで時間があります。裁縫や片づけが得意です。お手伝いが必要な方はいませんか?””自分は何日の何時から何時まで時間があります。話し相手になることができます。”といった、奉仕・援助などを自発的に申し出たり、提供あるいは買って出るところからスタートしたと聞きました。現在のカナダでもボランティアは身近なものです。

最近日本で、台風被害にあった釜石の復旧作業を手伝う、ラグビーカナダ代表の様子が大きく報じられたようですね。非常にすばらしいことだと思います。もちろん予選敗退が決まり、残念ながら試合も中止になったりといった背景はあったと思いますが、やはりボランティアが身近な存在であるという証だと思います。

カナダ、バンクーバーではボランティア活動と言うのはすごく身近な物であり、ボランティア活動を積極的にしている人を高く評価する部分もあるので、高校生の卒業項目にも入っていたりします。

一定期間ボランティアをすると証明書も発行してもらう事も可能です。機関により異なるので発行条件は異なりますが、この証明書をもって卒業に必要な単位がもらえます。

また、就職活動の際などに、この証明書やレファレンスレターをボランティア団体からもらう事も出来るので職歴の他、ボランティア活動をした事をレジュメに記載したり、レファレンスレターを書いてもらい仕事へつなげる人も多くいます。

日本人がカナダでボランティアをする利点

ワーホリや留学でカナダへ来ている人は証明書やレファレンスレターの必要性を感じないとは思いますが、参加するとまず、間違いなく現地の人と交流が生まれます。

英語の勉強にうってつけなのはもちろんですが、積極的に現地の人との交流をはかると次から次へと人へ繋がります。年齢関係なく交友関係が広がります。また自分の興味がある事へのボランティア活動をすると同じ趣味であったり共通な話が出来るので自分の活動範囲も広がっていきます。

またそこで、”仕事を探してる” ”こんな事がしたい”とポロっと言うと仕事の話が舞い込んできたり、”友達がこんな事してるから紹介するよ、やっておいで!”とやりたい事が実現したりと本当に人から人、人から趣味、仕事へと繋がっていきます。

また日本に帰国し就職活動をする上でも、”カナダでどんな事をしたのか?”の質問に対して

英語の勉強は当たり前であって、さらに何をしたのか…

ボランティア活動をする事は就職活動においてもプラスアルファの経験になるのではないでしょうか?

どんなボランティアがあるのか

日本と同じように募金活動や福祉施設でのボランティアはもちろん

カナダならではのボランティア活動もあります!!

また、私が参加したのは

  • 福祉施設訪問

これはカナダワットのメンバー複数人で行った活動ですが、それぞれが得意な楽器を演奏し、歌を歌い、時には一緒に歌ったり、空手の型を披露したりして、日本文化に触れてもらったりしました。

お年寄りだけでなく施設職員の人が気に入ってくれて話しかけてくれたりしました^^

練習も必要だったのでそれぞれがスケジュールを調節し、オフィスに集まり練習したり、お互いのバックグラウンドや仕事の話でも盛り上がり、友達も増えました!

  • フルーツピッキング

フルーツピッキングとボランティアが繋がらない人が多いかと思います。私もそうでした。笑

街路樹や庭先で熟して落ちて地面が汚れたり、鳥や虫が寄ってきたりするのを予防する為に実のなったフルーツを狩り、色んな施設(福祉施設や児童施設)に寄付すると言う仕組み。

道の脇や、庭先にベリー類を始め、色んな種類のフルーツを目にする機会が多いバンクーバーで”なるほどっ!”と思うボランティア活動でした。

お年寄りの住む庭先なんかになっていると自分自身でマメに狩る事ができずに困っている人もいて、すごい助かったわー!と喜ぶ人ばかりでした!

あなたのカナダ留学生活やワーホリ生活は、地元に貢献しているか?

日本からカナダに来て、地元に貢献しているか?といわれても。。っと思うのは当然だと思います。ただ、ラグビーカナダ代表チームのとこと少し思い出してみてください。彼らは日本にラグビーの試合をしにきた代表チームです。しかも短期間。留学やワーホリだと、忙しいといえども時間は作れるはずです。人と違ったカナダ留学生活や、カナダワーホリ生活を送りたいあなた!是非、色々なボランティアに積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

カナダワットは、自分自身で創る留学・ワーキングホリデーを心掛けています。

カナダで語学留学やワーホリをしてみたい!とお考えのあなた!

まずはやってみたい事・考えているビザ・問い合わせてみたきっかけ(留学・ワーホリに興味をもったきっかけ)などを入力してポチッと送信してみて下さい!

あなたの未来が変わるいろんな新しい経験がまっているかもしれませんよ!

 

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。