カナダ語学留学やカナダワーホリに興味のあるLGBTの人!カナダワット利用者にもLGBTの人たちも多くいます!

今日のバンクーバーは、雨の1日でした。気がつけば、10月も後半に差し掛かっています。この季節雨が多く降ります。しかも確実にだんだんと日が短くなっているので、朝は午前7時でも結構暗いです。朝起きれない学生さんも多くなるこの時期です。日本ではいかがでしょうか?

さて今日のテーマはLGBTの人たちのカナダ留学やカナダワーホリについて少しお話ししていきたいと思います。

カナダの方が生きやすい?

先日カナダの小学校に行く機会がありました。とある教室にステッカーが貼ってあります。日本でもお馴染みだと思いますが、レインボーフラッグのステッカーにこのように書いてあります。

”This is safe place for LGBTQ people”

ここはLGBTQの人たちに安全な場所です。ということです。カナダは日本よりもこのようなマイノリティーの人への意識が高いように思います。小学生の頃から、LGBTQという人たちの存在を示し、日常的に意識させ、差別や偏見のない人材育成に力を注いでいるということでしょうか。

また以前にもブログで書きましたが、カナダの学校や図書館には、Inclusive Washroom というトイレもあります。

“Inclusive Washroom” って?

Quite simply, Gender Inclusive Washrooms are for anybody! The Gender Inclusive Washroom campaign aims to ensure that everybody feels safe on our campus regardless of their sex, gender identity, or gender expression.

In particular, trans* or gender variant students frequently face harassment, discrimination, and/or discomfort in washrooms that are designated “male” or “female”. Gender Inclusive Washrooms means everyone can have a washroom to use without risking being told they’re in the “wrong” one!

そう、このWashroom は性別を気にせず、利用できるトイレなんです。

カナダの学校では数年前から、このようにLGBTの生徒向けに、さまざまな取り組みを始めています。例えば、男子学生、女子学生などと言わずに生徒諸君というようにすることもその一つです。

そしてつい先日、カナダの航空会社、エアーカナダが下記のように発表しました。

カナダの航空会社エア・カナダは、これまで機内放送で乗客への呼びかけに使っていた「レイディース&ジェントルメン」という用語の使用をやめ、性別に対して中立的な「エブリバディ(皆さん)」の用語に切り替える方針を決めた。CNNと提携するCTVが伝えた。

エア・カナダの広報はCTVに対し、「機内放送の現代化を図り、性別を特定した言い方を排除する」と説明。「全従業員にエア・カナダの貴重な一員であると感じてもらい、我々を選んだお客様には快適なおもてなしを保証することに努める」としている。

性別を巡っては、身分証明書や出生証明書で性別の選択肢を増やす国や州が増えている。

米国の航空業界団体A4Aは今年に入り、米国の乗客が便を予約する際の性別の選択肢を増やすと発表した。新しい選択肢として「不特定」「非公開」が加わる。

CTVによると、エア・カナダはいつから用語の変更に踏み切るのかは明らかにしていない。

このエアーカナダの取り組みの発表後、多くの人がエアーカナダにコメントを寄せました。賛否両論いろいろあって、まだエアーカナダの中でも正式な採用時期などは発表になっていません。

このようにカナダはLGBTへの取り組みは非常に前向きです。留学やワーホリに来て、不快になったということは聞いたことがありません。

またカナダワットの利用者にもLGBTの人たちはいますし、過去何人もいました。カナダを満喫して帰国した人も多いです。

もし日本でLGBTのことで悩んでいるようであれば、ぜひバンクーバーで語学留学やワーホリなどを利用して実際に生活してみるのも良いと思います。

カナダに留学やワーホリをしてみたい!とお考えのあなた!まずはやってみたい事・考えているビザ・問い合わせてみたきっかけ(留学・ワーホリに興味をもったきっかけ)などを入力してポチッと送信してみて下さい!

きっと何かが動きだしますよ^^  また下記のブログも参考にしてみてくださいね。

バンクーバーへLGBT留学からカナダ移住へ、同性婚もできるカナダ!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。