70代でも留学。暑い日本の夏を回避して、涼しいバンクーバーで短期留学!

今日も気持ちの良い青空の広がるバンクーバーです。現在の気温は23度。日本はすでに40度近いところもあるとか。。日本の夏はもうすでに熱帯ですよね。

東京オリンピック、こんな暑い時に開催して大丈夫かな〜?と来年の事ながらに心配になります。

暑さに弱い北国の人たちは、競技よりも暑さに苦戦するかもしれないですよね。

さて今日は70代でバンクーバーに留学中のMさんをご紹介します。

Mさんは長年、小学校の教員をしていました。定年退職し、念願だった海外留学を決意しました。

イギリス、アメリカ、フィリピン、カナダと様々な国で留学した結果、バンクーバーが一番だと思ったそうです。その理由は、治安の良さと、夏の気候の良さ、そして何よりも、アジア系の食事に困らない!と行ったところも大きなポイントだったそうです。

確かにバンクーバーは美味しいアジア系の食事には困らないですよね。

そしてカナダでやりたかったことは、プリンスエドワード島で赤毛のアンのミュージカルを見ることだったとか。何度見ても感動するそうです。

そして会話力のアップもMさんの目標の一つでした。英会話はESLに通学しつつ、図書館で行われる、無料のカンバセーションクラブに顔を出して、ひたすらリスニングをきたえたり、街で積極的に、地元の人に話しかけることを実践しているそうです。

おばさんには警戒心なく、誰でも気軽に話してくれるそう。でも話しかける勇気も入りますよね。

そして知り合った人と積極的にコーヒーや夕食に行き、スピーキング力UPにつなげているとの事でした。そなんでも楽しむ前向きな姿勢が、ESLの若い生徒さんの共感をよび、若い世代の友人もたくさん増えたとおっしゃってました。

また日本の外へ出ることにより、逆に日本のことを見つめなおすチャンスが増えたことも、留学をしてよかったと思える点だそうです。

例えば、ESLでのディスカッションのトピック….”結婚か同棲か” ”大学進学の意味とは” ”同性愛について” ”政治について” Mさんいわく他の国の人たちは、どんなトピックにおいても自分の意見をしっかり持っており、下手の英語でもきちんと意見を言おうとする。でも日本人の若い人たちは、話題についていけない。自分の意見もない。これからの日本は大丈夫かしら?っと心配になる一面も。これは海外に来て思ったことの一つだそうです。(前に40代からの留学に参加されたEさんも同じことをおっしゃっていました。)

人の意見を聞くこと、ちゃんと自分の意見を言うこと、海外で生活するには必須のことですが、日本人はこの部分は本当に弱いですよね。ただこんな経験や考えも海外留学をしてからこそ。。ではないでしょうか?

こんなエネルギッシュな60代や70代の人が多くいる日本は、逆にたのもしいな~と思ってしまいました。

このブログをご覧になった40代以上の方で、すこしでも前向きに留学を考えている方がいれば、是非一歩踏み出してみてください。違った世界があなたを待っていますよ!

カナダワットでは語学学校の手配はもちろんのこと、マンツーマンで会話の練習をしたい!などの手配も可能です。特別なご要望などがあれば、どんどん質問してみてください。できる限り、ご希望に添えるような形で40代からの留学の助けになれば!と思っています。

Lineやメールでお問い合わせくださいね。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。