カナダ語学留学を検討しているのですが、日本で学校を決めるか、現地に行って決めるかで迷っています。どっちが良いと思いますか?

今日のバンクーバーは午前中は曇りでしたが、日中は少し晴れ間が広がりました。そして夕方からは雨になり1日の中でも複雑な天気になりました。昨日まで日中が25度くらいあり、夏っぽい天気で、公園にも他の人と距離をあけ日光浴を楽しむ人も多く見られましたが、今日は気温13度と肌寒い感じです。

本当に日々の温度差が激しく、体調を崩す人が多いのもこの季節の特徴です。特にアジア系の人は寒がりという人が多いので、注意が必要です。日差しが強くても外や木陰は案外ひんやりとしていたり、建物の中は寒かったりするので、長袖のものを必ず用意していくと良いかも知れませんね。

さて今日のテーマは、これまた質問の多い語学学校についてです。現在バンクーバーにある語学学校は全てオンラインでの授業を展開しています。早く教室での授業に戻ってくれる日が来ることをねがっています!また

語学留学を検討しているのですが、日本で学校を決めるか、現地に行って決めるかで迷っています。どっちが良いと思いますか?

このような質問をいただくことも多いです。この質問の回答は、実はすごく難しいです。というのは、あなたのカナダくる本当の目的にも関わってくるからです。いろんな例をご紹介していきましょう。またあくまでもオンラインの授業ではなく、教室での授業を前提での話になります。

ワーホリビザや2ヶ月以上6ヶ月以内の短期語学留学に関して

例えば、ワーホリビザで入国後に語学学校で英語を習ってから仕事探しを始めたい、あるいは2ヶ月以上6ヶ月以内の短期語学留学でカナダに来る場合は、カナダに到着後に、語学学校の無料の体験レッスンを受講後に学校を決めることをお勧めします。

それはなぜでしょうか?

実際に私たちは、こんなお悩み相談を受けることが多いからです。

学校を変えることができますか?聞いていた感じとは全然違うんですけど。

このようなお悩みを抱えた生徒さんのカウンセリングをしました。そのお悩みとは、

”日本で6ヶ月間の契約をして、ある学校に通学し始めましたが、学期の途中で入学した形になってしまい、すでに出来上がったクラスに入っていかなくてはいけないので、友達もできにくくて、クラスでもなんとなく浮いている感じになってしまい、クラスの雰囲気に溶け込めないです。また日本ではこの学校の日本人率は10%未満と聞いていたのに、実際授業を受け始めてみると、自分のクラスは50%が日本人でした。”

日本にいるときに、日本の留学エージェントを通して6ヶ月、1年間と長期契約をしる人は、すごく多いと思います。もちろん、長期で契約すればするほど、授業料の割引率も大きくなり、お得感はありますよね。でもそれが大きな落とし穴!

学校があわない、授業がつまらない、雰囲気が良くない。先生の質が悪い。入学してみたら日本人だらけだった。などなど、現地に来て気がつくことも多いです。また日本人比率というのは、あくまでも学校全体としての比率となります。

ですので、自分のクラスは日本人が50−70%いるという状況もあり得るわけなんです。

長期で契約をしてきた人は、自分自身で現地に来て、トライアルレッスンを受けてみて、学校の雰囲気を確認して納得して申し込んだわけではないので、途中で学校に不信感を抱き始めて、いざ学校を変えようと思っても、返金は少なかったり、解約できなかったり、解約できても、返金はなかったり。という事例も多いです。

なので、カナダワットでは、ヶ月以上学校に通学される人は、必ず、現地でトライアルレッスンを受けて頂き、ご自身の目で学校見学をされ、雰囲気を確かめて学校契約をして頂いています!

2ヶ月以内の短期語学留学に関して

2ヶ月以内の短期語学留学の方に関しても理想を言えば、トライアルレッスンをバンクーバー到着後に受けて欲しいとは思います。

ただしカナダ滞在が短期間なので、バンクーバーにいる期間目一杯学校に通学したい!という人は日本で学校を決めることも可能です。ただしカナダワットではLINEやメールを通じきめ細かいカウンセリングをさせていただき、学校を決定することをお勧めします。

よく学校紹介によくある体験談で学校を決められる方もいますが、体験談を100%信じないでくださいね。その人と自分とは別人です。その人の感じ方と自分自身の感じ方は全く違うことの方が多いです。体験談では、クラスの雰囲気も良くて、すぐに友達がたくさん出来ました!とか、経験豊富な先生の楽しい授業で全く飽きがこなかったです!とか、書いてあることも多いと思います。

でも実際にはその時のクラスの雰囲気、その時の先生の授業であって、その状態が常に続いているとは限りません。

日本の留学エージェントさんの中には、カナダだけではなく、他の国も扱っている関係で、どうしても資料の知識だけで生徒さんに案内しているところもあります。特に、語学学校の場合、資料作成時と実際の雰囲気が大きく異なることもあります。先ほども書きましたが、みなさんがよく気にする国籍比率は、資料だけでは判断できないことが多いです。(なぜならば、季節によっても国籍比率はぜんぜん違うからです。夏の時期は日本人、韓国人の比率は非常に高いです。また秋冬になってくると南米からの留学生が増えてきます。)

6ヶ月以上の語学留学に関して

6ヶ月以上の語学留学の方に関しても理想を言えば、トライアルレッスンをバンクーバー到着後に受けて欲しいとは思います。ただし6ヶ月以上の語学留学の場合は、学生ビザの取得が必要になります。逆にいうと、学生ビザ取得のために日本にいるうちに学校を決定する必要があります。あなたの留学の目的や将来の方向性などをもとにカナダワットではLINEやメールを通じきめ細かいカウンセリングをさせていただき、学校を決定していただいています。

また日本で全ての学校を決める必要は全くありません。最初の学校を決め学生ビザを取得しましょう。そして学生ビザの延長をしていけば良いのです。

最初に全ての学校を決めてしまうと、予定通りいかない場合は多額の変更料などを支払うことになる場合もあるので要注意です!

まとめ

カナダワットはバンクーバーにメインオフィスがありますので、実際現在の学校の情報や街の様子、シェアハウスの空室状況など、生の情報をお届けできます。なので、語学留学をする人で、日本で学校を決めようと思っている人!要注意です!実際に学校に足を運んで決めましょう!

ご存知ですか?カナダ、バンクーバー現地留学エージェントならではのサポート。無料体験レッスンを受けて語学学校を決定できます!

上記ブログにも無料体験レッスンなどについて書いてあります。参考にしてくださいね。

語学留学はもちろん、ワーキングホリデーの期間 1年と言うのは期限があるので有意義に過ごして欲しいです。海外へ出てたくさんの人と出会い、ひろーい世界の中で一瞬で終わってしまう時間を少しでも楽しく過ごせるように、留学エージェントではなく留学&ワーホリコンサルタント(サポーター)というスタンスです。

有意義にする事が出来るのは自分自身しかいないんです。そのお手伝い、力添えをするのが私たちカナダワットの役目です^^

なのでサポートプランに記載されていない内容でもまずはお気軽にご相談下さい。費用がかかる内容の場合は完全事前見積もりを致しますのでご安心して問い合わせ頂けます!

お問い合わせはメールの他、LINEでも承っております^^

目標を見失いそうになった時に一緒になって探し、世界を広げる初めの一歩をお手伝い。広がった世界への力添えもしております。

2020年そして2021年、カナダでの語学留学やワーホリに興味があるあなたからの、連絡をお待ちしております!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。