2020年、カナダワーキングホリデー、渡航前の準備編!

今日のバンクーバーは快晴とは言えず、少し曇ってはいましたが、まずまずの天気でした。最近屋外で半袖の人はさすがに見なくなりましたが、カナダ人は厚手のジャケットの下は半袖という人も多く、室内では、まだまだ半袖だけという人も多くいます。

まず一つには、アジア人に比べ、白人は毛穴の数が少なく、寒い気候には適応出来やすいそう。ですので、アジア人が寒く感じている場合でも白人の人は快適に思うそうですよ。(確かにエアーカナダの機内は寒い。前に利用した時に、隣のアジア人のおばさんは、毛布を2枚余分に頼んでいました。)

さて今日のテーマは、2020年のカナダワーホリビザの申請に関する発表はまだないですが、ビザを取得した後の渡航までの準備を考えていきましょう!

渡航前

渡航前にやるべき事はたくさんありますが、行動として、手続きとしてやっておくべき事をざざっと書き出します。

・英語の勉強

お金はかけなくていいので、携帯アプリ等を使って毎日英語を聞き流すなどでもいいのです。毎日できる事をコツコツと…

・資金稼ぎ

これは当たり前ですが、大きな金額が動くので多ければ多いほど後々の自分が助けにもなり、やれる事の幅も広がるので大いに稼いで来てください。絶対にある程度のお金を持ってきた方が、行動の幅がぐんと広が理、より多くの経験ができます!

・パスポートとビザの申請

ビザ申請直前にパスポートの期限が切れる事に気づいた!!なんて事もありますのでまずはパスポートの有効期限を確認し、必要であれば更新してからビザ申請しましょう。

・航空券手配

こちらも早割等もありますので渡航時期を決めたら早めにリサーチ、購入する事をオススメします。最近は便利な比較アプリもあるので空き時間にちょこちょこ覗くと価格変動のリズム等が掴めて、お得に買える場合もあります。また最初に観光ビザ(eTA)で入国、滞在中にワーキングホリデーに切り替える人が増えていますので、そういった際は往復航空券が必要です。

・歯の治療を含む通院

お医者さんへ海外渡航の旨を伝え相談しながら親知らずや虫歯など治療して行きましょう。こちらへ来て原因不明の歯痛に悩み治療をしたAさん、8万ほどかかったそうです。

また持病ではないが気になる症状がある場合も渡航の旨を伝え、余分に薬を出してもらう等しましょう。カナダの薬は日本人には強いという場合も少なからずあります。持病がある人はかかりつけのお医者さんに事情を話し、薬の量などを相談してください。

・保険の加入

これは必須です。本当に何があるかわかりません。日本でやった事ない怪我、なった事ない病気にも環境の変化等から起こりうる事です。私も掛け捨てのつもりで安い保険に入ったのに何度も病院へ行き、専門医まで行きました。また渡航プランにより日本で加入する期間、こちらへ来てから加入できるプラン等もありますのでご相談頂ければと思います。

携帯の解約またはプランの変更(SIMフリーにする)

使い慣れた携帯を使用するのであれば日本でSIMフリーにして来る事をオススメします。こちらでも出来ますが、対応していない機種もあり、時間と料金も日本と比べるとかなりかかります。

また解約をしなければ、驚くほどの料金請求が来たりするのできちんと確認しましょう。また短期だったりする場合はプランを変更し、余計なお金がかからない様にしましょう。

・役所手続き

これはそれぞれの所在により異なるのでどの様な手続きが必要かが異なってきますが、役所に行き海外へ行く旨を伝えると案内してくれると思います。

主に転出届・国民年金・健康保険などの手続きが必要かと思いますので手続きして来てください。

ざっとこんな感じで書き出しましたが個人により、細かい準備等もあるかと思いますで問い合わせご相談下さい。

カナダワットでは世界を広げる初めの一歩をお手伝い。広がった世界への力添えをしております。

まずは無料の留学・ワーホリ完全ガイド請求・お気軽にお問い合わせ下さい。この資料にはカナダワットを実際に利用した人の体験談なども載っています。またシンプルにまとめてありますので、個人的にもっと質問をしたいという人はメールあるいは、LINEでも受け付けております。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。