バンクーバーに語学留学できたNatsuki のカナダ入国1日目!

2019年9月1日にバンクーバーインのNatsukiのカナダ語学留学日記です。

とりあえずバンクーバー到着までにあったこと、到着後の話などを書いていきたいと思います。

国内線が遅れる!

私は実家が東京ではなく地方なので、まずは成田空港まで国内線で移動して、そこからバンクーバー行きの直行便エアーカナダを利用しました。国内線チェックインの段階で、国内線の飛行機が45分の遅れですと案内されました。その時点で乗り継ぎの不安はありましたが、まあ大丈夫かな〜と思っていたら、搭乗口で、ニューヨーク、メキシコシティへのお乗り継ぎのお客様は、本日乗り継ぎができません!との案内がありました。え?バンクーバーは??と思っていたら、バンクーバーはギリギリ大丈夫とのこと。ほっとしました。

でも。。成田空港に到着したら、飛行機の出口のところに、私の名前を持った空港職員の方が。その人のところに行くと、とにかく走ってください!と言われ、荷物を抱えながら、空港を猛ダッシュ!先が思いやられるような出発でした!(苦笑)

念願のカナダ・バンクーバーに到着!

なのですが実は・・・、着陸前の機内で、乗客の方の一人が急に倒れたとのことで、ちょっと機内がザワザワ。けれども飛行機は無事にバンクーバー国際空港に着陸しました。

急病の人のために、若干飛行機を出るのに時間はかかりましたが、無事に到着できてほっとしました。機内ではうつらうつらという感じで、寝不足気味です。そんな状況の中、イミグレーションへ。と言っても機械に必要な情報を入力するというものでした。事前にカナダワットの方から、メールをいただいていたので、滞在先などをそのまま入力しました。自分が入力したものがプリントされるので、それを持って入国審査官のところへ。正直審査官の人の英語が早すぎて、チンプンカンプン。適当に”Yes” と言っていたら、荷物を受け取れ!と言われました。

入国審査は終わり!と思っていたら大間違いです。荷物を受け取って、その後出口に向かっていたら、出口にいた別の入国審査官の人から、あなたはこっちの部屋にいって!と言われ別室に。滞在期間や、帰りの航空券、そしてスーツケースの中まで色々チェックされました。正直すごい怖かった!テレビでは見たことあったけど、それが実際に自分に起こるとは。。。

でも結局無事に入国できました!(正直トラウマになるくらい怖かった!)

そして出口を出て、空港の無料Wifiにつなぎ、事前に登録していたカナダワットのLINEに、自分の今日の服装を自撮りして、到着の報告とともに送信すると20分くらいで迎えに来てくれました。

ステイ先視察・決定・入居

少し休憩した後、2件のステイ先を見てまわりました。どっちのシェアハウスも清潔でした。しかも周りの環境も、海外のドラマに出てくるような感じで感激です。

ステイ先について、実は女性専用のシェアハウスをお願いしたんですが、心よく対応してよかったぁ。
住むところが決まってホッ☆としました。

決めたステイ先に移動・契約の手続き・ハウスルールなどを聞きます。
英語がわからないところは、カナダワットのスタッフにしっかり説明していただきました。いきなりシェアハウスで大丈夫かな?とも思いましたが、大家さんもスタッフの方も親切なので、安心でした。

バスに乗ってダウンタウンへ

入居手続きが落ち着いたのち、最寄りの駅からバスでカナダワットのオフィスへ。
もちろんスタッフ同行。なので当たり前だけどバッチリ!という気分。
そうです、明日からは一人で交通機関を駆使して生活するので、これはとってもありがたかった。
いや、明日ではなく帰りはすでに自力で戻るんだ・・・大丈夫かな私、多少の不安をもちつつの初バス乗車でした。

オフィスのあるダウンタウン、ビル郡や綺麗な通りにテンションが上がりましたが、街の探索もそこそこにバンクーバーの危険なエリアへ。シェアハウスの周りの環境の良さに引き換え、なんだこの治安の悪さは??そしてびっくりするくらいのホームレスの人の数!バンクーバーのイメージをあっさりと覆してしまう光景に唖然!このような地域もあると教えていただき本当に良かったです!

その後、ワットオフィスで生活オリエンテーション。

今日からのバンクーバー生活で必要なことを細かく教えてくれます。スタッフの方はバンクーバーの生活がかなり長い方や、ワーホリ経験者なので、なんでも気軽に答えてくれます。初日から、定期券(バスパス)の買い方や、バスの乗り方、実際に行っての危険地域の紹介やレクチャーなど盛りだくさんでした。

聞くのは簡単!でも実際に行動してみると。。

そして生活レクチャーが終わると、来週からトライアルレッスンに行く語学学校の紹介がありました。全部で4校トライアルレッスンを受けます。(カナダに来る前に、自分が英語の何を勉強したいかなどについて、色々希望を聞いてくれて、その上で自分にあった学校を選んでくれていました。)来週から楽しみです!

そして今日の最大のイベント!自分自身でシェアハウスまで帰宅する!というものです。もちろん最寄りのバス亭の説明、場所や地図などはくれますが、自分一人でバスに乗ることに。不安でしたが、良い体験いなりました。(苦笑)

でも心配をよそに無事家にはたどり着けました!

そういえばバンクーバーについて、地図の見方、住所の見方、交通についてのレクチャーも受けましたが、『はて?私は理解してるんだろうか?』と思いながら説明を聞いていたのですが、やっぱり、自分で動いて、確認しながら体と頭をつかえば、バンクーバーは意外と大丈夫です!

というコメントいただきました!バンクーバー到着までや、到着後も色々大変だったみたいですが、すごく明るく前向きな彼女のことなので、しっかりバンクーバー生活をエンジョイしてくれると信じています!

語学留学はもちろん、ワーキングホリデーの期間 1年と言うのは期限があるので有意義に過ごして欲しいです。有意義にする事が出来るのは自分自身しかいないんです。そのお手伝い、力添えをするのが私たちカナダワットの役目です^^

なのでサポートプランに記載されていない内容でもまずはお気軽にご相談下さい。費用がかかる内容の場合は完全事前見積もりを致しますのでご安心して問い合わせ頂けます!

お問い合わせはメールの他、LINEでも承っております^^

お待ちしております!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。