カナダ留学生、ワーホリの場合、航空券は片道でも大丈夫です。

今日のバンクーバーは、昼過ぎからだんだん曇り空になってきて、夕方前からは小雨、夕方以降は雨となりました。今年は雨が少なかったと思っていた矢先に雨になってしまいました。ただ、今年はなぜか雪が多かったです。ただ、気温は少しずつ暖かくなっていますので、春はもうすぐというところでしょうか。皆さんのまちはどうでしょうか?

今日は最近受けた質問で多いものをご紹介したいと思います。

Q、航空券の手配は片道、往復どちらが良いでしょうか?

もしカナダの学生ビザ、もしくはワーホリビザなどの許可証をすでにお持ちの場合は、片道での入国が可能です。観光で先に入国し、後でワーホリビザに切り替えたいと思っている方は、6ヶ月以内の日ずけが入った往復航空券の手配が必要です。片道にした場合のメリットは、帰りの日にちを自由に決められること、またカナダで友達になった人にところへ寄って帰国など、様々なアレンジができることが魅力です。デメリットとしては、時期によっては、格安感がないというところでしょうか?案外片道航空券は割高になるケースもあるようです。また往復の格安航空券の片道放棄は、航空会社によっては、違約金などを請求されることもあると、以前旅行会社の人がおっしゃっていました。(真偽の方はわかりませんが。。)

1年間のオープンチケット(日付けの変更ができる航空券)を手配するメリットは、やはり帰りの航空券が手元になる安心感ですよね。いざとなれば、緊急事態が発生しても、とりあえず、空席があれば日付けを変更し、帰国できるというのは大きな安心につながります。しかし一方で、万が一、一年以上の滞在になった場合は、帰りの航空券は破棄することになってしまいます。また帰国時にどこかによって帰りたいなどの場合は、経由地の変更はできないことが多いです。

ここでもう一つ注意点!さて、先ほど観光で先に入国し、後でワーホリビザに切り替えたいと思っている方は、6ヶ月以内の日付けが入った往復航空券の手配が必要です。と書きましたが、あくまでもこの場合は、アメリカを経由しない場合です。カナダは観光での入国の場合6ヶ月はビザなしで滞在が可能です。ただし、アメリカは90日間しか観光でのビザなし渡航は認められていません。アメリカはカナダ、メキシコなど陸続きの国はたとえ、アメリカを出国しても出国と見なさないことがあります。(あくまでも観光での入国に関してです。)ですので、アメリカ経由の場合は、チェックインカウンターの搭乗手続きで、搭乗を認められないケースもありますので注意が必要です。またアメリカに観光で入国する(経由も含む)にあたり、ESTAの登録も義務付けられています。下記のサイトを参照してください。

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

繰り返しますが、カナダは6ヶ月以内の観光での入国、もしくは語学留学などはは学生ビザの取得は不要です。ただし、アメリカと同様に事前登録が必要です。下記のサイトを参照してください。

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/visit-canada/eta/apply-ja.html

航空券の手配は、ご自身のビザの状況やプラン、そしてもちろん予算に合わせて自由に選んでくださいね。ただし、注意していただきたい点もあるので、そのことは頭に入れておいてください!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。