ワーホリや学生で長期でカナダに滞在、カナダにお金を持ってくる目安。

今日は晴れたり曇ったりの午前中でしたが、午後になり、しっかりとした青空になりました。その分気温も少し上がり、現在バンクーバーは7度です。(きっとこれが今日の最高気温だと思います。)少しづつ春めいてきているような気がしますが。。

さて、最近多い質問を今日も取り上げたいと思います。

”ワーホリや学生でカナダに行くのですが、とりあえずいくらくらい持っていけば良いですか?”というものです。

とりあえずの費用とすれば、80万円くらいが良いのではないかな?と思います。(ただし、学校に行く期間やどれくらいの家賃の家に住むかにより、大きく異なります。)80万というのは、2ヶ月学校に通学して、家賃がだいたい$600ーくらいの部屋に住むと仮定した場合です。しかも、ワーホリや学生のビザをお持ちであれば、カナダの銀行口座がすぐに開設できます。ですので、いざとなれば、日本のご両親から、海外送金をしてもらえば大丈夫だと思います。ちなみに海外送金は、日本からだと早ければ3日〜4日の営業日で届きます。

観光ビザで入国する人は、銀行口座をカナダで持つことが出来ませんので、注意が必要です。少々多めにカナダに持ってきていただくことをお勧めします。

あとは、クレジットカードを持っていない人は、是非、渡航前までにクレジットカードに加入して下さい。何かあった時に非常に役に立ちます。(VISA、マスターカードでしたら基本的には大丈夫です。小さなお店などは、JCBは使えないことが多いです。またアメリカンエクスプレスも、たまに使えないことがありますので、アメックス、JCBは避けた方が良いかもしれないですよ。)

またどうやってカナダに持っていけば良いか?という質問にもお答えしますね。

カナダで使うお金を持っていく方法はいくつかあります。その中で為替レートや手数料、いつまでにどれぐらい必要かなどを考慮してお金を持ってきてください。

日本からカナダへの主なお金の持ち込み方法をご紹介します。

  1. 日本円の現金をカナダに持っていき、カナダでカナダドルに両替する
  2. 日本で日本円をカナダドルに両替する
  3. クレジットカードを利用する
  4. 国際キャッシュカードや海外専用プリペイドカードを利用する
  5. 日本の銀行からカナダの銀行へ送金する

なお、おすすめは1番の自分で日本円をカナダに持ってくると5番目の銀行送金です。先ほども説明しましたが、学生ビザやワーキングホリデービザでカナダへ来られる方はカナダで銀行口座を開設することになります。そこへ日本の銀行口座から送金できます。しかし観光ビザでカナダへ渡航する方は銀行口座を開設することができません。その他の方法を利用してください。

そして重要なことですが、日本でカナダドルに両替すると、とてもレートが悪かったり、高い手数料が発生したりします。もし現金をカナダに持ち込む場合は、カナダで両替しましょう。

カナダワットのサポートプランにお申し込みの方には、お得なレートで両替できるお店にもご案内します。ご安心くださいね。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。