2021年、予算別カナダ留学!カナダで専門学校に行く場合の予算編!

今日のバンクーバーは夏らしい、清々しい青空の1日となりました。先日よりバンクーバーを含むBC州では、フェイズ3に入り、徐々に日常生活を取り戻しつつありますが、ここにきて若干新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向にあります。

BC州政府は新規感染者数の増加傾向が続けば、再びロックダウンする可能性があることを発表しました。

日本でも東京などの大都市では、増加傾向にあるようですよね。カナダの隣国アメリカは、南部そして西部の州を中心にかなり増加傾向にあり、7月21日までとされているアメリカとの国境閉鎖は延長しそうな雰囲気で、今週中には指針が示されるとの報道でした。

さて今日は前回のブログに引き続き、留学予算に関して書いていきたいと思います。

ご自身の留学の目的が”英語を少しでも話せるようになる”とか、”スピーキングを重点的にやりたい”といった場合の語学留学ですと前回のブログを参考にしていただければと思います。

2021年、予算別カナダ留学!あなたはどのタイプ?

 

今回は、カナダの専門学校で専門的な知識や技能を身につける留学に関してです。

バンクーバーには専門学校がかなりの数あり、またご自身の進みたい方向により選択する学校やコースが決まってきます。一概には言えませんが、ざっくりとした概算をまず説明していきたいと思います。

1年間カナダの専門学校に留学する場合の概算

まず、1年間学校通学するカナダ留学は、現在のレートであればざっと見積もって250万~400万ほどです。先ほども書きましたが、ご自身が進みたい方向での専門学校のコースにより差が出てきます。 この金額は、学費だけでなく、生活費、海外保険、航空券代なども含んだ額です。

250万~400万と書きましたが、実はご自身の英語力によっていくつかのパターンに分けられます。

1、英語力が十分に備わっていてカナダの専門学校に入学できる場合

2、英語力がやや不十分で直接入学が難しいけれども、語学学校で何ヶ月か履修して専門学校に入学できる場合

3、英語力が不十分で、まずは語学学校でしっかりと英語力をつけ、専門学校に入学を検討する場合

もう大体の方は予想できるように、専門学校に入学する前に、語学学校で英語のブラッシュアップが必要な場合はその分、余分に費用がかかることになります。専門学校への入学に関しては、事前にレベル判定の試験のアレンジができますので、入学までにどの程度、語学学校 への通学が必要となるか、目安測定ができます。ですので、ご自身の英語力をしっかりと見極め、それぞれのパターンに見合ったプランニングをしっかりと行い、予算を組み立てる事が大事です。

英語力が十分に備わっていてカナダの専門学校に入学できる場合

専門学校に入学できる英語力を示すものとして、学校の入学試験(レベル判定テスト)を受ける他に、英語の資格を証明するものがあれば良いという場合もあります。例をあげてみますね。

(例)・下記いずれかの英語力の証明書
TOEIC 600/IELTS 5.0/TOEFL iBT 64/TOEFL PBT 510

日本から学生ビザを取得して専門学校に進学するような場合ですとIELTSやTOEICのスコアがあれば手続きがスムーズになる場合がありますので、ぜひ日本で受験してみてください。

またカナダの専門学校では、座学だけでなく、実習を含むコースもあります。 その実習期間は限られていますが、授業と関連した現地で仕事に従事することで、カナダでの貴重な体験の一つになること間違いなしです。

では実際に、日本人に人気の通訳翻訳コースを受講した場合を例にして、シュミレーションしてみましょう。以下が大まかな内訳となります。

学校登録費用(入学金) 200ドル
授業料8ヶ月 10210ドル
教材費 500ドル
シェアハウス代8ヶ月 5600ドル
食費(8か間) 3200ドル
交通費、交際費(8ヶ月) 3200ドル
カナダ現地費用合計 26060ドル

カナダ現地滞在費用合計が、約26060ドル=日本円85円で換算すると、2220000円となります。これに、日本でかかる費用をざっとあげてみましょう。

往復航空券目安:15万
海外保険目安(年間):18万

カナダワットフルサポートプラン:3万円

総合計 258万円(*金額は一般的な概算額です。航空券や海外旅行保険は時期やプランなどにより料金は変わります。)

もちろん、専門学校のコースによって、費用がかかるものもありますし、逆に専門コースの期間が短く、授業料が安くなる場合もあります。

英語力にやや不安で語学学校に通学した後に専門学校に進学する場合

ここでは、専門学校でのスタート前に、語学学校で3か月間、語学力アップが必要と判断された場合をシュミレーションしていきたいと思います。

先ほどの日本人に人気の通訳翻訳コースを受講した場合の予算例を参考にして、シュミレーションしてみましょう。以下が大まかな内訳となります。

専門学校費用(8ヶ月) 10910ドル
語学学校費用(12週間) 3900ドル
語学学校教材費+入学金 450ドル
シェアハウス代11ヶ月 7700ドル
食費(11か間) 4400ドル
交通費、交際費(11ヶ月) 4400ドル
カナダ現地費用合計 31760ドル

カナダ現地滞在費用合計が、約31760ドル=日本円85円で換算すると、2700000円となります。これに、日本でかかる費用をざっとあげてみましょう。

往復航空券目安:15万
海外保険目安(年間):18万

カナダワットフルサポートプラン:3万円

総合計 306万円(*金額は一般的な概算額です。航空券や海外旅行保険は時期やプランなどにより料金は変わります。)

大体の専門学校で、お申し込み前に、レベル判定の試験のアレンジができますので、専門学校入学までにどの程度、語学学校 への通学が必要となるか、目安測定ができます。

仮に6ヶ月間、語学学校での勉強が必要と判断された場合は、 6か月語学学校+8か月専門学校といった組み合わせになります。なので専門学校入学までの英語のレベルを高めておけば、留学費用の節約になります。

英語力をつけその後専門学校に進学する場合

では今度は、専門学校でのスタート前に、語学学校で6か月間通学し、語学力アップが必要と判断された場合をシュミレーションしていきたいと思います。

先ほどの日本人に人気の通訳翻訳コースを受講した場合の予算例を参考にして、シュミレーションしてみましょう。以下が大まかな内訳となります。

専門学校費用(8ヶ月) 10910ドル
語学学校費用(24週間) 7800ドル
語学学校教材費+入学金 850ドル
シェアハウス代14ヶ月 9800ドル
食費(14か間) 5600ドル
交通費、交際費(14ヶ月) 5600ドル
カナダ現地費用合計 40560ドル

カナダ現地滞在費用合計が、約40560ドル=日本円85円で換算すると、3450000円となります。これに、日本でかかる費用をざっとあげてみましょう。

往復航空券目安:15万
海外保険目安(年間):18万

カナダワットフルサポートプラン:3万円

総合計 381万円(*金額は一般的な概算額です。航空券や海外旅行保険は時期やプランなどにより料金は変わります。)

学校によっては、提携語学学校とのパッケージプランを設けてある場合があり、お申し込みの期間内であれば、英語力に応じて自由に授業を組み替えることが可能です。そして場合によっては、付属の専門学校へ授業料の移行も可能です。

カナダでの、ご自身の英語の上達をみながらじっくりコースプランニングができます。

専門学校進学の場合は、上記のようにご自身の英語力によって留学費用にかなりの差が出てきてしまうので、少しでも留学前に英語力をつけ、ご自身の勉強したいコースに進まれることをお勧めします。

また専門学校のコースによって料金はかなり異なってきますので、この予算案に関しては、あくまでの一つの目安としてお考えくださいね。

座学+実習のCo-op(コープ)を利用することも可能!

カナダの専門学校では、Co-op(コープ)と呼ばれる実習プログラムが付いた専門コースが多く用意されています。 実習期間は限られていますが、授業と関連した現地で仕事に従事することで、教室で学んだ知識やスキルを、コースの後半期間で実際の就労を通して実践していく事で身につける事が狙いとなっています。

このような経験は日本での就職活動でいかせると思いますし、また将来的に海外で働きたい人には人気のプログラムとなっています。

2021年、内定に結びつける留学!カナダ留学をして日本で就職活動をすると有利?Co-op プログラム受講者の体験談!(VanWest College)

上記のブログでも、Coーopビザの詳しい説明や、お勧めのコースなどをご紹介しています。またカナダでCoーop体験をした後に、日本で勝ち取った内定先なども載っていますので、ぜひ参考になさってください。

さてここで、カナダワットに関しても少し説明させてください。

カナダワットでは留学エージェントではなく留学&ワーホリコンサルタント(サポーター)です

目標を見失いそうになった時に一緒になって探し、世界を広げる初めの一歩をお手伝い。広がった世界への力添えもしております。

まずは無料の留学・ワーホリ完全ガイド請求・お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせはLINEでも受け付けております。

なんとなくカナダに留学するのではなく、具体的な目標を立て、しっかりとした成果を残すような留学になるように、カナダワットはあなたをサポートします!

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。