カナダ語学留学・田舎の都市へ留学!〜パウエルリバー編〜

今日のバンクーバーは穏やかな秋晴れですが、晴れた日は気温が低い!
ふと気がつけばもう11月も中旬ですもんね。
確かに寒くなってきてますよね。。
さて今日のブログは、バンクーバー以外の都市でオススメの留学先です。
パウエルリバーというバンクーバーから南西に140kmにある街にあります、
Camber College という学校をご紹介します!
<そもそも、なぜパウエルリバーに語学学校を作ったのか>
キャンバーカレッジの創立者Davidはジョークが大好きな明るいアラ還のおじさまです(笑)
彼は、実はノースバンクーバーの出身で、パウエルリバーとは縁もゆかりもない場所で育ちました。
昔、Daveが韓国の大学で教鞭をとっていた時のことです。
ある女子大生が泣きながら、彼の研究室に入って来ました。
泣いている理由を尋ねると、彼女はこう言いました。
「将来客室乗務員になりたいけど、周りの教授達からお前は顔が良くないから無理だ、と言われた」
そこでDaveは彼女を励ましました。
そしてその彼女は、英語を勉強するためにバンクーバーに留学することになり、
帰国後、再びDaveの研究室にやって来ました。
Dave「留学はどうだった?」
女子大生「楽しかったわ!ロブソンストリートで買い物したり、キャピラノ吊り橋に行ったりしたわ!」
Dave「え?もっとキャンプとかカヌーとかカナダらしいことはしなかったの??」
女子大生「しなかったわ。だってそんな機会なかったもの。」
***
この時、Daveは”もっとカナダらしいことが体験できるような学校を作ろう”と心に決心したのだそうです。そしてカナダに戻り、様々な場所を回って
最終的にたどり着いたのがパウエルリバーでした。
カナダらしい自然、優しい人々、治安が良く、移民の少ない環境。
ここなら理想の学校が作れると判断し、
2003年、キャンバーカレッジは誕生しました。
「ただ英語を勉強するだけではなく、カナダらしい体験ができる語学学校」を目指し、
世界中から生徒が集まってくるようになりました。
学校には、ウォータースポーツ用品、キャンプ用品一式、ジェットスキー、
さらにはモーターボートまで揃えているという徹底ぶり!
語学学校としてはとてもユニークですよね。
(▲このジェットスキーを操縦しているのがDaveです)
都会とは違い、本当の家族のように優しくしてくれるホストファミリーも多いです。
大自然の中のキャンプやスキューバダイビング、バンジージャンプにも果敢に挑戦でき、
様々な国々から来た楽しい仲間に出会えるチャンスにも恵まれています。
特に、毎年7,8月に開催のサマーキャンプでは毎日活動的なアクティビティーを行っておりますので
とてもお勧めです!(日本人比率も少ないです)
パウエルリバーの自然を活かしたアクティビティーは、バンクーバーには引けを取りません!
<そして現在、入学金全額免除キャンペーン実施中!!>
 
ただいま、2018年12月31日までにお申し込みいただいた方もれなく全員に、
入学金を免除する特別キャンペーンを実施中です。
<パウエルリバー情報を少し!>
ブラックベリーはご存知でしょうか。
日本でもラズベリーは有名ですが、ブラックベリーはちょっと珍しいかもしれません。
バンクーバーやパウエルリバーには道端によくブラックベリーが実っています。
黒紫色の実を、ぽいっと口に入れるとプチプチの食感と甘酸っぱさが口に広がる、
まさに自然のスナック! ブラックベリーをたくさん乗せた、ブラックベリーパイは絶品!
チーズケーキの上にジャムにしたブラックベリーをのせて食べるのもお勧めです!!
パウウエルリバーにて毎年8月の終わりに開催されるブラックベリーフェスティバル、
夜は花火も開催され、地元住民に親しまれているお祭りです。
日本人の少ない環境で英語を勉強したい!ということであれば、
Camber College オススメです!
この学校に興味がある方は、https://canadawatt.com/contact
よりお問い合わせください。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。