バンクーバーではどのように仕事を探せばよいですか?

バンクーバーには日本のように求人専門誌はありません。バンクーバーで仕事を探す場合には、日本とは少し違ったやり方が必要です。
このような方法で仕事を探すことができます。

インターネット

多くの企業やお店がインターネット上に求人情報を掲載しています。代表的なサイトはこちらです。

新聞&雑誌

多くの新聞や雑誌には求人欄があります。英語に自信があれば地元紙を、日系の情報が欲しければバンクーバー新報をチェックしてみましょう。

店頭ポスター

インターネットや新聞に求人情報を出していなくても店頭にチラシを貼り出しているお店も意外とあります。働きたいエリアやお店を歩いてチェックして、情報を見逃さないようにしましょう。

飛び込み

カナダでは求人情報を出していない企業やお店に飛び込みで自分を売り込むことは一般的です。その場ではダメでもスタッフの空きが出れば後から連絡をもらえる場合もあります。
履歴書を必ず持参し、企業やお店の責任者に渡しましょう。

口コミ

日頃から友人に「〇〇の仕事を探している」とアピールしておきましょう。留学生やワーホリはいつか帰国してしまいます。その空いた枠に入れてもらえるかもしれません。特に滞在期間が限られている留学生やワーホリにとって知り合いから紹介してもらう仕事の探し方はとても多いです。

カナダ留学・ワーホリ完全ガイド
無料プレゼント中!!

いまなら
「行く前に知っておきたい カナダ留学・ワーホリ完全ガイド」
の電子書籍を希望者へプレゼント中です!

ABOUTこの記事をかいた人

CanadaWatt カナダワット

カナダワットのサポートは「自分の留学&ワーホリは自分で創る」が基本です。あくまでも主役はあなた。あなたがあなたの目的を達成するためには、最終的にはあなたの努力と行動力が成功の鍵を握ります。 カナダワットはその鍵作りのためのサポートを、豊富な経験と知識によってひとりひとりに合った“ing”で提供しています。